また掘っ立て小屋作った

フラワーガーデン担当の住込み夫婦とその子供2名(幼稚園と小学生)は、今は僕らの借家に同居しているが、フラワーガーデンの管理の為には、ガーデンの中に住んで貰わないと行けないので、その為の家を建てた。

家と言っても、生ユーカリの丸太で骨格を作った所謂掘っ立て小屋だ。

屋根はトタン波板の平張り(少し傾斜はつけてある)。

床と壁はスマートボード。

これだけで、材料費は2万バーツも要した。









3x3メートルの部屋が2つと、3x3メートルの縁台が一つ。一家4人なので、普通よりも大きくした。

売れ残りセールで半額で買った肌色のファイバーセメント用のペンキを塗った。こういうペンキを塗ると、雨や食べ物で濡れたり汚れたりしなくなる。

色は選べなかったが、塗ってみると地味に風景に合ってると思った。

小さな開け締め可能な窓も付けた。

風入れと、部屋の中からガーデンやショップが覗けるようにする為。

屋根と壁の間に風が通る隙間があるので、色々問題の種になる窓は、かなり小さくした。

入室扉がまだ未完成だが、あとは板を貼るだけとなっている。

ここまでに男3人で3日間も掛かった。

(新しく来た住込みワーカーは、こうした工事のド素人だった。作業が遅くてイライラしたが、経験を通して学んで貰うしかない。)

ここまで出来れば、もう雨風は防げる。

既に電気と水(井戸水)が使えるので、あとはトイレさえ使えるようにすれば住めるようになるはず。

ただ、この辺り森だったので、シロアリが多い。基礎と柱は丸太なので、今年は使えても2年間は使えないと思う(地面に近い部分だけシロアリ防止の塗料が塗ってあるけれど、気休めだろう)。

トタンとスマートボードは傷まないと思うので、フラワーガーデンが上手く行ってお金が出来たら、来年また建て直すつもり。

Related Entries

Comments

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる