土地の盛土とボーリング調査

今年新築する予定の土地に盛土を行った。

盛土と言っても、道路側は10センチ足らず、中央が20センチくらい、眺望の良い後方側が40センチから60センチ程度で、家の柱に影響する程では無いけれど、トラック90杯位の赤土(ラテライトが崩壊したイサーン特有の土)を使ったので、まだ精算してないが、多分13万バーツつまり45万バール位掛かりそうだ。

2万バーツ位と思っていたので、予算完全オーバーだが、複数の業者に聞いて平均的価格だったので、それがこの辺りの相場何だろうと思うしか無かった。



この赤い線迄盛土の予定の高さ。







土を盛ってから、大型のシャベルカーのキャタピラーで均して貰った。



完成図はこんな感じ。


ここで2つの問題が残った。

建設業者は、「ここは山で地下が直ぐ岩だろうから、地盤に杭を撃ち込む必要はないだろう。地下1メートルに一片140センチのコンクリート基礎を作って、その上に柱を立てれば充分だろう。」
と言う。

だけど、後方の宅地は元田圃で、僕らの土地も数年前に後方を埋めて平らにしたことを知っている。つまり、どの位地下深くに岩盤があるのか無いのか分からない。

そこで、マシュマロちゃんと相談して、
「先ずは、ボーリング調査をして、その結果で基礎をどうするか決めよう。」ということになった。

こんなことは、プロの建設業者から提案されるべきことだと思うが、そこがタイなのだ。

結局、18000バーツの調査費を僕らが払って、ボーリング調査をして貰った。












なんや良う分からんが、ニケ所うち一箇所は2.5メートルで硬い岩、もう一箇所は4メートルまで土だが十分に硬い、とのことだ。

来週、結果報告書を貰うが、だからどうするのが合理的なのか僕には分からないので、建設業者のプロに決めて貰おうと思う。

もう一点は、一番後方の崖の処理だが、いろんな案と意見があって、どれも自信が持てなかったので、来年以降解決するとして、今期は芝生と斜面用の草で崩れるのを防ぐだけにした。

3メートルほど平らな土地が使えなくなるが、家自体は5メートル以上離れているので建築には影響無い。

タイ人は経験と感と感情で物事を決めるのに対して、僕は何時もそれらを無視してデータだけで決めようとするので、それがいざこざの原因になる。

何時も僕が悪者になるが、僕は他人の経験や解釈や感情など信じず、データーしか信じない嫌な奴だから仕方が無い。(女の言うことは時々信じる。)

脱線したが、家を建てる為の土地の準備は完了した。

今年の乾季は新居で眠れるかな?

完成したら、日本の母と家族を呼んで、新居を見てもらおうかな。

「日本の家族放っておいて、親父一体何やっとるん?」と言われそう。

「親父はセカンドライフを頑張ってるんだよ。」












Related Entries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる