タイの家には玄関がない

タイの家には、普通玄関がない。

日本の常識では、丈夫な鍵が付いた鉄製の扉があって、それを開くまで家の中は見えない。扉を開いても、居間や台所が丸見えにならないような造りに成っている。

扉を開くと、そこは靴を脱ぐスペースがあって、土等が部屋に入らないように部屋の床よりも20センチくらい低くなっている。

勿論、下駄箱や傘立て等の収容スペースもある。

そんなことは常識で、今更書くほどのことではないが、タイの家にはそれらの全てがないのが普通である。

僕が今度建てる家にもない。



そのことが、日本人としてはどうしても気になる。

タイの玄関にはドアもなく、普通はガラス窓がドアである。木製のドアを付けている家もあるが、多くはない。あってもガラスが嵌め込まれていて、中が見える。

玄関の前は部屋の高さと同じか、ほんの少し低いタイル張りの土間がある。土間には屋根と座れる手摺兼椅子の様な構造物があって、そこで過ごす時間帯が長い。

脱いだ靴は、玄関ドアの外側に脱ぎっぱなしが普通である。

玄関を開けると、いきなり居間。ガラーンと全部見果たせる。

開放的とも言えるが、プライバシーもセキュリティもない。

西洋の家は、丈夫な扉が普通と思うが、家と玄関の段差は無いか僅かしかない場合が多いと思うので、日本の玄関が寧ろ特殊なのだろうか。

玄関も窓も開放的なタイだが、泥棒は日本より多い。なので、玄関にも窓にも鉄製格子が付けてあって、窓を割っても出入り出来ないようにしている場合が非常に多い。
無いと不安なのだろう。

だけども、この鉄製格子はとても見た目が悪い。まるで牢屋か収容所みたい。
家のデザインも丸潰れだ。

窓が強化ガラスの二重ガラスで出来ていて、簡単に割れない窓があれば良いが、タイには非常に少ない。
ガラスは5ミリ圧のグリーン色の普通ガラスが普通。

今度建てる家の床は、一階が地面から1.5メートルの高さにあり、1.5階は2.5メートルの高さにあるので、中は見え難い。

又、ガラスが割られて侵入されても、僕の家には高価な物や現金などは全く無いので、賢い泥棒なら入って来ないだろうけど、強盗は怖い。

CCTVの防犯カメラは効果的な割に低価格などで、それは設置するとして、玄関のガラス窓だけは防犯性をもっと高めたい。

Related Entries

Comments

Re: No title

雨樋はタイでは少数派みたい。
土地次第ですが、僕の場所は落葉が凄く多いので、あっという間に詰まってしまいそうなので止めました。
地面はコンクリートと植木で対抗してみます。

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

Re: No title

ガビもそうですが、シロアリやアリ、ヤスデやヤモリが直ぐに湧くので、今度の家は木材使用をほぼゼロにしました。隙間も無くすようにお願いしてますが、おそらくそれは難しいです。
壁はコンクリートブロックではなくて、発泡軽量コンクリートなので温度遮蔽効果は大きいようです(強度に欠けますが)。
プーケット、ピピは3月末に楽しんで来ましたが、その後のコロナ蔓延で旅行はし難くなりました。
コロナ渦が過ぎたら日本に帰ってワクチン売ってきたいです。でも、等分無理そう😂

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる