台風11号で大洪水

昨日午後3時半から降り出した雨は、雨脚は強まるばかりで止みそうな気配なく、野良仕事は出来なくなったので、仕事は終了とし、早々に家に帰った。

台風11号が南シナ海からベトナムに上陸し、そのままラオスを抜けてタイに入ったらしい。台風は今日の午前3時頃に温帯低気圧に変わり、台風特有の強風はここコラートではなかったが、台風は大量の雨雲を連れて来た。

雨は夜中中降り続いた。

朝7時には小雨となったので、カオヤイ農園の様子を見に行くと、カオヤイ国立公園から流れ来る水源の川ラムタコーンは完全にオーバーフローして、何処が川だか分からなくなっていた。

溜池から川に行く道を写したが、まだ川は遠くてまだ写っていない。

撮影地点は僕らの溜池付近。ここから200メートル先のポンプ方面を10倍ズームで写したところ。川まで全部川になっていた。写真の奥にポンプと繋がる塩ビパイプが見えるので、多分ポンプは流されていない。

ポンプの様子が見たかったが、道が見えないので、これ以上近づくのは危険と判断して止めておいた。

溜池はオーバーフローしていなかったが、あと50センチで満タンといったところ。

溜池に設置済みのポンプに水が浸かるまであと20センチ。

溜池には流れ出る水の出口がないので、あと一日雨が降ると多分溢れる。溢れると池の堤防が崩れ、水がなくなってしまう危険性がある。

その前にポンプが水に浸かり、使えなくなる。

塩ビパイプを切って、ポンプをより高い位置に移動させるべきだが、楽な作業じゃなく、池に落ちる可能性もあるので止めた。全ては事態が回復しだしてから行ったほうが良い。

何方のポンプも電源が水に浸かっている可能性があるので、水位が下がるまで危なくて電源を入れられない。つまり、使えない。

いちご畑の水は排水路のお陰でプールにはなってなかったが、新たにCゾーンに作ったバーベナ畑は水浸しだった。

バーベナを植える為に耕し直したとき、去年までの排水路を埋めてしまったのが原因。

いちごが成る乾季には、カラカラに乾いてしまう地域なので、そこが雨季に水浸しだったことなど誰も想像出来ないことだろう。

追記

池のポンプは水没しました。

沢のメインポンプは無事でした。

Related Entries

Comments

Re: No title

溜池のポンプ水没しました。移動回収は危険なので辞めました。多分、ポンプはボツになります。

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる