だからムーカタ2020

新しく来た住込みワーカー(特に幼妻の方)の写真を撮りたかったが、なかなか機会がなかった。

下手にカメラを向けると、

「勝手に人の写真撮るの止めて! このスケベジジイ!」

てな視線を浴びるのが怖いからだ。(訳者注:実際スケベジジイで悪かったなあ。もっとエロい写真撮らせろ!)。

今日は夕方4時に、ワーカーが畑を耕している最中に雨が降り出した。あと一時間で労働時間終了だし、服は汗で既に湿っていたので、彼らは雨の中、そのまま耕し続けた。

それを見て、僕は急にムーカタを奢りたくなった。

お僕らも金欠病なのだが、日雇いワーカーが来て約一週間が経ち、今のところ良く働いてくれているので、夕飯のご馳走くらいしてあげても良い頃だったし、写真を撮るいい口実にもなる。

4時半に雨の中ワーカーに近寄って、

「今日はもう雨はやまないから終了にして良いよ。仕事は終わりにして、一緒に飯でも食いに行かないか? 近くに、上手くはないがムーカタのお店があるから、5時になったらそこに行こう!」

そう誘ったら、幼妻は、

「行きたいけど私達お金が無いから止めときます。」

と言った。

「大丈夫。僕が奢るから。手を洗って服を着替えて行こう!」

そう言ったら、にっこり嬉しそうに微笑んだ。

奢って貰うに決まっていても、一応それを前提にしないで断る仕草を示すところが宜しい。

こいつが23歳の若旦那。小柄でまだ子供みたい。

鶏の世話役を任命した。

こういう撮り方なら、スケベジジイとは思われなかっただろう。

Vの字を出すところが可愛い。

色白で痩せている(訳者注:隣のマシュマロちゃんがデブなだけ)。

もう母乳は切れて胸はタレタレである。

とても15歳で子供を産んだ二人の子持ちには見えない。現在20歳。でも、夜暗くなると怖い怖がり屋。

マシュマロちゃんの顔は日焼けが凄いのに、何故この幼妻は白いままなんだろうか? 不思議だ。

帰り際、幼妻は、

「ハムケンさん、今日はご馳走様でした。」

と言った。

このくらいのお礼は言うのが当たり前だが、幼妻からは4人目にして初めて言って貰えた気がする。

Related Entries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる