コロナ鬱かも でもハッピー

コロナ鬱というのが世界中で増えて問題になっているそうだ。

日本人は、多分BCGの効果で、中共コロナ肺炎になっても死ぬ人は少ないが、多い国では死亡率が日本の数十倍も高い。

伝染ったら死ぬかも知れないというのは恐怖だ。

コロナのせいで客が激減して経営が立ち行かなったり、職を失って収入が無くなってしまい生活に困窮したり、そうなってしまうのではという不安もあるだろう。

コロナで急に世界が変わってしまい、先行きが見えなくなってしまったし、ソーシャルディスタンスで生活パターンも変わってしまった。

だから、鬱になる人が増えるのは当然だろう。

このご時世で、今までと同様に元気溌剌な人は、強靭な精神力を持っているか、超鈍感かの何方かだろう。

僕もコロナ鬱になったようだ。それももう3~4ヶ月になる。

毎日、ニュースが気になって仕方がない。

特に、香港、台湾の危機。文明を滅ぼす勢いの疫病の蔓延。中国共産党の断末魔的な邪悪さ。神が怒ったような天変地異。

そんなニュースばかり気になって読んでいるので、心は暗く沈み、悲しみと怒りに心が満たされてしまう。

そんなニュースなんか読まなきゃ良いのに、読まずにいられない。

会話からユーモアや笑いが消えて、無表情な顔になっている。

夜は、お酒を沢山飲まないと眠れなく、眠ると悪い夢を見る。

まさしく、コロナ鬱でしょう?

鬱と言うことは、本人は幸福感は殆ど感じてなく、寧ろ辛い感情が支配的なのだが、最近僕は実は凄くハッピーなんだと気付いてしまった。

野良仕事で単純作業を繰り返していると、何故だが昔の(16歳から35歳くらい迄の)悔しかったこと、恥ずかしかったことが思い出される。同じような風景が、まるでトラウマのように再現されて、PTSDのようだ。

それらは、僕の人生の汚点であって、もはや取り返すことは出来ない。

しかし、ある時気付いた。

過去のことは、過ぎたことであって、もう変えられないし、今この瞬間の人生とは関係ないだろう。

過去はどうであれ、今の僕の周りに僕を恨んだり妬んだり軽蔑したりする人は居ない。居たとしても、もう遠くに行ってしまった。

文化や言葉は違って分かりあえているとは言い難いながら、お互い愛おしいと思う人達と一緒に人生を築いている。

娘より若い人と一緒に眠り、悪夢に目覚ても柔らかい肌に触れることが出来る。

僕のDNAを持った子供が欲しいと思う女がいる。

5年目になるいちご園だって、まんざらでもないし、2年で土地を買えて1年で家を建てられそうだから、20年経ってもローンが完済しない日本より良い感じにも思える。

これって、僕はもしかしてハッピーなんじゃないだろうか?

過ぎてしまった過去のことなど、もうどうで良い。

ジジイでも、今と明日のことだけ見て生きれば良いのだ。

Related Entries

Comments

Re: No title

学生時代、同棲していたひと(女)と毎夜一緒に銭湯に行き、その帰りに寄った雑貨屋じっちゃんの店で、じっちゃんの焼きそばを食べるのが好きだった。
だけど、ばっちゃんが四六時中じっちゃんの悪口を叩いていて、その言葉がきつくて聴くのが辛かった。じっちゃんは、「昔俺がしたことヘの恨みだ」と言って黙って耐えてましたが、じっちゃんが気の毒だったし、その歳になって恨みしか残らないなら別れれば良かったのに、と思ったものです。
長い時間侮蔑され続けると、その恨みは生涯消えずに、寧ろ増幅してしまうのですね。

新聞記事

No title

古い話ですが2015年12月の読売新聞 「人生相談」で「亡くなった夫を許せない」という70歳代女性の投稿がありました。14年前になくなっていても夫の暴言がいまだに許せないと。

思い出せば、思い出すほど シナプスは太くなり、記憶も加工されながら強力になっていきます。忘却ではなく 魑魅魍魎として定着するのです。恐怖症と同じように自分で治すのは難しいです。 時に転地、転職、天災などと 考え方をコロリと変えられる何かがあると筋収縮性頭痛のように 治った自分に気づきます。引き連れにすればどこまでも。自分と向き合えば、魍魎が出てきますから試練ですね。

No title

珍しく言っていることが、かなりまともで多分正しいだろう(笑)
これから日本人の多くがかなり追い込まれる。しかも日本ではもう受け皿が無い社会になっていくだろうし、もはや格差社会がどうしたこうしたのレベルじゃなくなるだろうねぇ…
一体どれぐらいの日本人が気づいているんだろうねぇ…
もともと潜在的に徐々に深化が進んでいたんだけど、このコロナ禍で間違いなく出口が見えなくなったね…まあ、高齢者はともかく、中高年、若年者層はかなりヤバいよね…
そう考えると、貴殿は神に救われ、ハムの方舟に選ばれた勝ち組なのかもね…

Re: No title

気付いて得することもあるんですね。これからも前向きに生きてゆきます。

No title

コレはなかなか気づけないことです
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
2位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
2位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる