帰って来たTJ

胃のない胎児ことTJが15日間の入院から昨日帰って来た。

えっ、また入院してたんだって!?

そうなんだ。入院の理由は体重が全然増えないから。

Covid騒ぎで延期になっていた定期検診に行ったところ、あまりの低体重で入院となったのだった。

なにしろ、この半年間全く体重が増えてない。

僕が付けさせた体重の記録表も持って行った筈だ。

「まだミルクをしっかり飲ませないといけない。」

と医師は言った。

だけどミルクは嫌いで飲まない。

そこで医師は、鼻からチューブを刺して無理やりミルクを飲ませた。ちゃんと飲んだが、鼻からチューブ刺すのは厄介だし、子供は泣いて嫌がるし、血も出る。

そこで、鼻にチューブを刺すのは止めて、50mlの注射筒で口の中に噴出させて無理やり飲ませた。

それでも飲んだらしいが、嫌がることは嫌がる。気管に入ったら不味い。

「喉を拡げるしかないな。」

と言うことになって、バルーンか何かを突っ込んで少し拡げたらしい。

けれども、ミルク嫌いが治る訳じゃないので、結局ミルク飲ませ作戦は失敗に終わり、昨日帰って来た。

帰ってきた時の体重は6.5kg。

入院時と変わらないどころか、半年前と変わらない。

だけど、見た目元気になった。

相変わらず、手足は骨皮筋右衛門で、1歳半になるのに未だに這い這いも出来ない。何故、体重が増えないのか分からないが、多分内臓の何処かがちゃんと働いてないんだろう。

僕は言いたくはないが、この子は長く生きられないと思う。小学校に入れるかどうか。

こんな子なのに、お父さんは可愛くて仕方がないらしい。

体重は増えないままだが、見た目元気そうだし、久々にハムケンと会ったのに、ちゃんと覚えていたらしく泣かなかったのが偉い。

取り敢えず、退院はお目出度いので、今夜はムーカタで夕食をご馳走することにした。

その続きは次項にて。

Related Entries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる