毛虫皮膚炎の犯人

二回も僕に毛虫皮膚炎をくれた犯人が見つかった。

超キモいが、これが犯人だ。

この繭から細かい毒毛が落ちるらしい。

既に羽化した蛾がトイレの中に6羽居たが、後で写真を撮ろうと思っていたら、もう死んでしまった。

蛾からは毒毛は出ないみたい。

未だ繭が残っているので、今度蛾が出てきたら、ちゃんと写真に納めるつもり。

それにしても、何で人の家の中にこんなに多くの繭が有るんだ? 

いい加減にして欲しい。何処から来たのか?

これを見ると、普通の日本人は、

「私、こんなところには絶対住めない!」

と言うであろう。

主の僕はこれを除去しないといけないが、やり方を間違えると全身毛虫皮膚炎になるので、どうしたもんか。

来年は、蚊一匹、アリ一匹入れない密閉型の家を建てて、そこに引っ越したい。

密閉型の家は、タイの普通の大工さんには出来ないだろうから、誰に頼んで、どうやって作ってもらおうか、それが問題だ。

Related Entries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる