アルファー米

ご飯の上手な保存方法をお教えしよう(と、偉そうに語り出すが、皆知ってる常識だったりして?)。

お米は炊くと、澱粉がアルファー構造をとってふっくらするが、冷えるに従ってこのアルファー構造が崩れ、固くなってしまう。そうならないようにするには(つまりアルファー構造を保つには)。

  • 冷まさないで温めておく。
  • 急速に冷却する

の2つの方法がある。

一番いいのは、高温のご飯を急速冷凍して、そのまま凍結乾燥するか、または急速乾燥させる。こうすると、澱粉のアルファー構造が数年間以上保たれたままになるので、食べる直前に水で戻すだけで、元の美味しいご飯になる(アルファー化米という)。アルファー化米は、災害時用の保存食や、軍隊や登山者の食事によく使われている。

しかし、家庭でいちいち乾燥までしてアルファー化米を作るのは手間だ。

もっと簡便な方法がある。

保存方法

  1. ご飯がまだ温かいうちに、茶碗一杯分ずつサランラップ(でなくてもいいが、低温に強い素材のもの)におにぎりを作る要領で2重に包む。
  2. すぐに冷凍室(可能なら急速冷凍室)に入れて凍らせる

食べ方

  1. 凍ったご飯を包みごと電子レンジに入れ、(解凍ではなく)通常の高出力で95℃まで一気に過熱する。約3分。(注;普通凍った水は電子レンジでは加温されにくいのだが、こうすると不思議にも全体が短時間でホカホカになる。)
  2. ラップを外して、食べる

以上

 

タイ人はご飯をあまり保存しないので、この方法を覧て驚いていた。特段大したことはないが、ご飯をラップで包んで電子レンジにかけるところが味噌。3−5合炊いて、このように保存すれば、一週間に一度の炊飯で事足りる。

 

 

 

Related Entries

Topic : グルメ色々
Genre : Blog

Comments

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる