酒類販売解禁 酒屋萬屋大繁盛

今日からお酒類の販売が解禁された。

タイでは普通、お酒が販売出来る時間帯は朝11時から午後2時と夕方5時以降に限られるが、朝9時にカオヤイ農園近くのお酒が大量にある萬屋に行ったら、10台以上のピックアップトラックが既に停まっていた。

まだ店内に入ることは許されてないらしく、店の前に並んでお酒を注文していた。

僕は、農園で所用を済ませ、午前10時に再度その店に行ったが、まだピックアップだらけ。

客は恐らく別の萬屋か飲食店従業員で、買うビールやその他酒類の量が凄い。ビールケース換算で一人10ケースかそれ以上。多い場合は、ピックアップトラック荷台満載。支払い金額も数万バーツと凄い。

朝8時回転直後から売り出している様だったが、10時になっても行列は無くなってなかった。

20分待って、やっと僕の順番が来た。

僕はシンハービールの小缶一ケース買ったのみで、お店の人から、

「本当にそれだけで良いのか?」と聞かれてしまった。

自分で飲む分だけだから、そう大量に買い込む必要はない。次の第二波が来るまで、何時でも買えるだろう。

それにしても、他のお客さんは購入量が凄くて呆れた。よっぽど困っていたのだろう。

まだ、食堂やレストランでは飲ませられないはずだが。

家に帰って、午前中なのに早速2缶を喉に流し込んだ。生き返った。

アメリカじゃ、自宅からのオンラインビデオ勤務中に約50%の人がこっそりお酒を飲んでいるらしい。

勤務中でそれだから、仕事もなく家に居るだけの人にビールは必需品でしょう。

もっとも、タイの数百万人の失業者はほぼ全員、一月分の貯金の無いその日暮しなので、失業と同時にビール買うお金も無くっていた筈。

そういう人々は、政府から配られる援助金を受け取るまでお酒は飲めない。

Related Entries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる