四季なりいちご株に挑戦 続編2

96番品種のいちごは、中国産四季なりいちご株の種よりも発芽迄の時間が長く、且つ好光性なので、(ピートモスを使うと)育苗中に藻が発生してしまう点が良く無かった。

この藻は緑色なので緑藻と書いたが、藻類に属する緑藻と藍藻類とがあって、この2つは物凄い違いがある。

前者は植物や海藻に近い真核生物で、後者はバクテリアに近い原核生物。

顕微鏡で見ないと判別出来ないが、ピートモスを日光で加熱しても死なないことから、後者の藍藻類ではないかと考えた。

藍藻類ならバクテリアに近い種族なので、抗菌抗生物質が使えるのではと思い調べて見たら、やっぱり効くようだ。

と言うことで、前回記載したように100℃で30分間煮て熱湯消毒した種まき培養土に、更に人間用の抗生物質ノフロキサシン(DNAジャイレース阻害剤)を添加してみた。

4月26日ノフロキサシン添加時。

4月10日から二週間経っているが、藻の発生はない。

5月2日 抗生物質添加一週間になるが、藻の発生はなく、苗も順調に生育している。

今のところ大成功だ。全部で400~500株くらい苗が取れるんじゃないかな。

藍藻類は、シアノバクテリアと呼ばれる細菌類で、光合成で酸素を放出する。所謂藻の代表選手の藻類よりも、大腸菌や乳酸菌に近い原核生物なので、いくつかの抗生物質が効くわけだ。

植物や動物は核がある真核生物なので、あまり作用しない。

タイでは、ノフロキサシンなどのニューロキノン抗生物質は薬局で安価に手に入るので、良いことを発見したと思っている。

しかし、トレイに植え替えてから肥料で枯らしたり、豪雨で洗い流されたり、嵐で吹き飛ばされたりして駄目にする率が高いので、まだ安心は出来ない。

去年作った温室を壊してしまったのが悔やまれる。

Related Entries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる