世の中はうつりにけりな

月末にいちご園を閉じてから、ずっと家に籠もっている。

家でいちごジャムを大分作った。でも、台所は40℃を超えるような暑さで、暑くて何日もやってられない。約4分の1を作ったところで一旦休止。

あとは、ベッドの上でニュースを読んだり、ネットフリックスのドラマを観たりするのみ。

その割に良く眠れるから不思議だ。疲れが溜まっていたのだろうか。

それにしても、世の中は急に変わるものだ。

いちご園を閉め、水やりを止めてから3日でいちごは萎れた。

もう萎れて茶色っぽくなっている。道の花だけ咲いている。

さようなら、いちごちゃん。また来季に会いましょう。

ほんの1ヶ月前、アメリカでは未だCovid19が見つかり始めたところだったのに、僅か1ヶ月で感染者数が24万人を超えた。世界全体では、100万人を超えた。

でも、これは未だ始まりに過ぎない。

1ヶ月後には東京はニューヨークみたいになり、世界全体では億単位の感染者数になってしまいそうだ。

タイは、厳格に厳戒態勢を取っているるし、失業しても餓え死にはしない社会なので大丈夫そうだ。ここでじっとしているしかない。

しかし、一旦こうなってしまった世界が、すんなり元に戻るとは思えない。

世界が変わるための一つの試練なのか。

明日は僕の61歳の誕生日だが、大きな節目になりそうだ。

Related Entries

Comments

No title

人間は自分の都合の悪いことから目を背けたがる…
まあ、サバイバルにとっては当たり前。
でも、今回だけはそうもいかない残酷な試練を人間に与えられた。
生命を守りたいなら、人の接触を避けろ、でもそうしたら経済は間違いなく死滅する。
現代人に逃げ場なんてどこにもない。
どっちがマシなんて選択肢が通じる程、今回は甘くないよ(苦笑)
それが現実なんでしょう…遅かれ、早かれ…
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる