バンコクが世界一

MasterCardによる年次調査「世界渡航先ランキング(Global Destination Cities Index)」によると、海外からの渡航者数において、バンコクが世界一の渡航先都市であることがわかった。昨年の首位であったロンドンとの差は約25,000人、率にしてわずか1%だった。同調査結果では、首位となったバンコクを含め、ロンドン、パリ、シンガポール、ニューヨークが上位5都市を占めた。

NewImage

 

 

このランキングは、海外からの渡航者総数と、渡航者による渡航先都市での消費額で世界の都市をランク付けし、2013年の渡航者・旅客数の増加を予測したもの。調査対象の132都市において、海外からの渡航者数と消費額について公表値をもとに独自のアルゴリズムで分析を行っている。ちなみに、東京は16位。

確かにバンコクの街を歩いていると、外国人の姿がよく目立つ。東京と比べたら国際色豊かなのは一目瞭然。英語はどこでも通じるし、道路標識や電車の切符自動販売機も英語対応されている。BTSやMRTに乗っていると、時間帯と区間によっては3割近くが外国人じゃないかと思うときがあるくらいだ。歓楽街でなくてもあらゆる国のレストランが簡単に見つかる。セブン-イレブンに行けば、アメリカや日本のシャンプーも売られている。誰に話しかけてみても、たとえ英語が話せない人でも、外国人だからと恐れることなく、普通に接してくれる。

 

 

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Re: 頑張りましょう

ユウさん、コメントありがとうございます。
タイは我々同世代にとっては楽しい国だと思います。若い女性があまり年齢差にこだわらずに親父をかまってくれるところがいいですね(ただし、貧乏親父はダメみたいです)。いい悪いはともかく、僕の場合、それが活力、原動力の元になっていることは事実です。
肝心の商売ネタと下ネタの方は、ネタ自体は本当はもっとたくさんあるのですが、ここにはあんまり書かないようにしています(恥ずかしくて書けない)。下ネタ系では、僕の場合、素人さんとの交流が主体なので、あまり他のサイトにはない題材があるのですけどね。揉め事の元になるので、ちょっとだけにしています。
これからもよろしくお願いします。

頑張りましょう

はじめまして、同年代で移住を目指しているオヤジです。
タイ語を真面目勉強し事業を興す為の準備と私も頑張らねばと頭が下がる思いで読ませて頂きました。
私もタイ人相手の商売を模索中で、生活出来るレベルの収入とタイ人に感謝されることが目標です。
お互いに頑張りましょう!!

PS 下ネタ?もあり独身オヤジとしては楽しく読ませて頂きました(笑)。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる