賄賂の国

アジアで賄賂がない進んだ国は、日本、シンガポール、香港(国じゃないが)くらいなものじゃないだろうか?

(違ってたら教えてください)

タイは中華系の文化で、賄賂が効く金持ち天国であることは良く知られているが、住んでみなけりゃ分からない驚くような賄賂がある。

僕の知ってるのは、その一欠片だろうけど、列挙してみると、

① 自動車、オートバイの運転免許証はお金(賄賂)で買える。自動車は2000バーツ程。

② 交通違反、無免許運転はお金(賄賂)で許してもらえる。警察はお金稼ぎを目的に検問しているとも言えるほど。200~1000バーツ程が普通。

③ 覚醒剤(ヤーバー、アイス等)、大麻、麻薬摘発はお金(賄賂)で許して貰えることがある。但し、常習犯や売り目的の所持の場合は流石に無理。

④ 不法入国、不法滞在は大抵なんとかなる(最近は厳しくなったようだ)。

⑤ 関税抜け。検査員、ロジスティックス屋の癒着で少額で済む。個人、EMSの場合は、「知らなかった。ごめんなさい。」と1000バーツ程度の賄賂で抜けられることがある。

⑥ 車、オートバイの検査登録費(と言う名前じゃなかったかも。よく知らないが、毎年払ってフロントグラス等に貼っておかなきゃ行けないやつ)。しかし、長期滞納は無理。

⑦ ワークパーミット

忘れているだけで、もっと沢山あったと思う。

ほぼ全ての法律に使えるので、金持ち天国である。

逆に、貧乏人には辛く、不公平感の強い国だ。

それでも、中国、ラオス、カンボジア、ミャンマー、マレーシア、ベトナム、インドネシアよりはましと聞いている。

他に、意外で面白い賄賂例があったら教えて下さい。

Related Entries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる