温泉に入って来た

ゆったりと温かいお湯に浸かりたかった。

これまでは、傷口を濡らさないようにカバーをして優しく行水するしかなかった。 

この頃は、肩の手術の傷も閉じ、足首の傷も消えて来たので、もうお風呂に入れる状態になったのだけれど、我が家では水不足でお湯が余り出ず、ぬるい水を掛けることしか出来なかった。

しかし、それだと死んだ古い皮膚が取れない。右の脇の下は酸っぱ臭くなるし、パンツのゴムの下は真菌類が付いて痒くなるし、足首は分厚い古皮がボロボロめくれる。

こんな時は、大きな湯船の温泉に浸かって、古い皮膚はサウナで流すのが正解だが、そんな良い所がこのカオヤイにある訳が、、、、、

あるんだなこれが!

僕らのカオヤイ農園から僅か400メートルに。

今年出来て、一度だけ行ったことがある。

そこが未だ潰れずにやっていたので、本日行って参りました。

朝9時営業開始なところ、朝8時40分に入場。

お風呂とサウナだけなら、600バーツでOKだった。やっぱりお客は僕一人。

残念ながら、日本式温泉スパなので、おっぱいが見える湯女は居ない。

追加料金を払えば、割と綺麗なお姉さんによるタイマッサージは出来るが、ヱロマッサージは駄目だろうと思う。

でも、そんな物は要らないから問題ない。

問題は、お湯の温度がちと低く40℃だったこと。あと2℃上げてほしかった。

それと初めサウナが40℃しかなかったこと。営業時間が始まった頃には60℃になったから良かった。

携帯電話を置いて行ったので写真がないが、湯船の様子は一年前と変わってない。

半年前の写真

身体中の垢をすり落としてスッキリした。

Related Entries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
2位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
2位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる