FC2ブログ

アビーロード

買っちゃった。買っちゃった。お金がないのに買っちゃった。

『Abbey Road』50周年記念特別スーパーデラックスエディション。14000円也。来週日本からアマゾンでタイの農園に届く予定。

マシュマロちゃんに知られると叱られる。

20世紀のポピュラーミュージックの最高傑作アルバムは何かと聞かれれば、即答でビートルズのAbbey Roadと答える。

思えば僕が最初に聞いたビートルズのアルバムがAbbey Roadで、今でもB面のメドレーを聴くと心が弾む。レコードのB面に曲と曲の間の空白の境目の模様がない変わったLPだった

ビートルズ世代じゃない人には到底理解不能と思うけれど、ビートルズ世代に聴けば、相当な率で僕と同じ事を言うだろう。

あれこそ不朽の名作だと。

Abbey Roadはビートルズの最後に作られたアルバムで(Let It Beじゃないよ)、販売数も最高記録だったそうな。

資料には、こう書いてある。

『1969年10月4日付の全英チャートで1位でデビューし、それまで2週連続1位を記録していたブラインド・フェイスの唯一のスタジオ・アルバム『Blind Faith』からトップの座を奪った。

『Abbey Road』は、最初に11週間連続1位を獲得した後、クリスマス直前にザ・ローリング・ストーンズの『Let It Bleed』に1位を譲り2位へ陥落。しかしそれも1週だけで、再度1位に復帰し、1970年1月までに6週連続1位となった。』

そのアルバムを最新のデジタル技術でリメイクした『Abbey Road』50周年記念エディションが先月末に世界同時発売となった。

そして、1970年1月31日に17週目の1位を獲得して以来となる49年と252日ぶりに全英アルバムチャートに返り咲いた。

この記録は、2017年6月に発売されたザ・ビートルズ自身が持つ『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』50周年記念エディションの時に記録した49年と125日ぶりの全英1位帰り咲きの記録を塗り替えたものとなった。』

50年といえば、神童が老いぼれになる年月だよ。おったまげたとしか言いようがない。

僕の青春が凝縮されているアルバムなので、死ぬ前に記念に買っておこうと思って、アマゾンでポチしてしまった訳。

スーパーデラックス版には、ハイレゾ音源に加え、DTS-HDマスター音源や、ドルビーアトマスとかいう映画館で使われる3Dサラウンド音源がブルーレイディスクに収まっているらしいが、僕はブルーレイディスクドライブも無ければ、ドルビーアトマスのデコーダーも当然持ってない。なので、それらを死ぬ迄に聴けるかどうか分からないが、他にも殆どが未発表の23ももスタジオトラックが収録されていると言うから涙物である。

実のところ、Abbey RoadのCDは今までに二回買ったと思う。擦れて傷だらけになって聞けなくなったから。

グーグルミュージックでもダウンロード済みで、今でもドライブ中に聞くことがあるが、若い世代の人には理解し難い音楽のようで、煩いとか楽しくないとか言われ不評なのが悲しい。

『Abbey Road』50周年記念エディションのCDは、独りの時に涙を流して聞こうと思っている。

関連記事

コメント

Re: ジョージ・ハリソン

そもそも旦那自体が粗大ゴミですから。
粗大ゴミで死ぬのは嫌ですね。
お金なんて無くていいから、命だけあったらそれで良い、って言ってくれる人の前で死にたいです。

ジョージ・ハリソン

ビートルズは・・厨房のときに、尾崎の15の夜ではありませんが、、
その後・・東京で8●3になった・・が妹と家出したAPで・・カセットテープがすり切れるほど
さんざん聞きました・・・
・・・
・・
いまは ジョージハリスンのHere comes sunを感電して死にかけた仲間を蘇生させるサルのように・・・
なんども・・・なんども・・・何かに、、言い聞かせるようにきいていますだあけみ

でわ

PS.
コルヒチン 高いです・・・個人輸入の通風薬 やっと K税関開放されたようです・・・
あーーーこちらは・・もう、、痛風発作終わって ひざ未だ痛い所ジョージ なんか 人生不満足・・

あーーー  男はもちろん持ち物も 女の断捨離の対象であります ! !
まんだらけで 20万だろうと・・ヤフオクで100万だろうと・・帰ったら、燃えるゴミと一緒に・・神隠しです。

生まれたときから カマキリ同様、、子種さえもらったら、、後は 肥やし・養分です・・・・\(^o^)/

でわでわ
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
40位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
22位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる