タイ人英語の発音が変な理由

先日タイ語の勉強をしていたら、タイ人の英語の発音が変な理由がひとつ解けた。

以前ブログで書いたように

タイ人の英語の末尾の l(エル)は発音として n (エヌ)になる。例えば、
   Bootball フットボール → フットボーン
   Central セントラル →  センタン
   Old オールド オーン

 

タイ語で苗字のことを、นามสกุลナーム サグン

と書くが、この最後のは英語に対応させると L だ。末尾でない場合は、大抵 L の発音となるが、末尾に来ると、N の発音になるらしい。

だから、Ball がボーンになっちゃうわけだ。

 

もう一つ。

タイ語の家族は、ครอบครัว

これを辞書で引くと、khroap-khrua(クロープ クルワ)という発音であると書いてあるし、インテンシブ・タイの先生もそのように発音するように指導する。でも、先生は言った。

「ここはチュラロンコーン大学のタイ語コースなので、正しい発音としてkhroap-khruaと習いますが、タイ人は普通、r の音をとても弱くしか発音しません。多分皆さんには、khoap-khua(コープ クワ)と聞こえるでしょう。」

たから、
   Central セントラル →  センタン
   Trafic トラフィック →  ターフィッ
   Straight ストレイト → ステー
   Try トライ → タイ
   Pla プラー → パー
   Present プレゼント → ペーセン
   Yakult ヤクルト  → ヤクー

となってしまうわけだ。

 

ということは、

多くのタイ人は、英語の単語を耳ではなくで、スペルで覚えているということだ。

スペルでCentralだから、rが消えて l が n に変わってセンタンになるのではないだろうか? 

 

その証拠に、

僕が「タイ語の単語がなかなか覚えられない。音と意味が結びつかない。」とタイ人に嘆いたら、タイ人の二人からは口を揃えて、

「発音だけで覚えるなんて無理に決まってる。タイ文字を書いて覚えなさい。」とアドバイスを受けた。

インテンシブ・タイ・プログラムは、全体としては読み書きに重点を置いているが、全くの初心者を対象にしたTH1(最初のコース)では、タイ文字は習わず、発音記号と耳だけでタイ語を学習する。この理由は、インテンシブ・タイの先生が言うには、「タイ人の小学生が初めてタイ文字を習うときには、すでに相当数のタイ語を耳で覚えていて、覚えているタイ語の発音と文字とを結びつけるので、比較的簡単にタイ文字が覚えられますが、タイ語も全く知らない外国人にタイ文字から教えても、頭が混乱するばかりでスムーズに学習できない」からなのだそうだ。 インテンシブ・タイ・プログラムでは、TH2でタイ文字を学ぶようになっている。

僕は少しずつタイ文字の勉強もしていて、新しい単語は一応タイ文字でも書いてみている。まだ、どの単語もタイ語で書けるレベルではないが、書いてみると確かに発音が覚えやすいような気がする。

上に書いた謎解きも、タイ文字を書いてみなければ気が付かなかっただろう。

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる