留学ビザ まさかの不受理

今日は、九段下にあるタイ王国大使館 へ留学ビザ(Non-Imminrant ED)の申請に行って来た。

必要な書類は(大使館のホームページから抜粋)

  1)パスポート(最低6ヶ月有効期限があり、且つ査証欄の余白が1ページ以上必要)
  2)ビザ申請書1枚(一番下にある各種申請書類からダウンロードできます)
  3)写真2枚(3.5×4.5cmのもの申請書に貼る)
  4)航空券もしくは予約の確認書(航空会社もしくは旅行会社発行のもので搭乗者名、タイへの入国日、便名の表記されているもの、コピーでも可)
  5)英文経歴書1枚(一番下にある各種申請書類からダウンロードできます)
  6)英文入学許可証1枚 (タイの学校のレターヘッド入りの用紙で作成されたもので、学校総長の署名が必要です。)
  7)英文推薦状原本または英文身元保証書1枚
  8)申請料 (現金でシングルは9,000円、マルチプルは22,000円です)
  9)格職業によって以下の書類が必要です。
    ①会社員の方 
       在職証明書及び休職証明書(名刺は不可) 
    ②営業・会社経営者の方 
       会社の登記簿謄本等、ご職業の証明ができる書類および預金の残高証明書 
    ③学生の方 
       在学証明書、又は学生証 
    ④定年退職後の方 
       預金の残高証明書、又は年金証書 
    ⑤主婦の方 
       配偶者の方のパスポートコピー(パスポートをお持ちでない方は運転免許書のコピー) 

たくさんあります。

これに対し、僕が持って言ったのは、

  • チュラ大からの入学許可証
  • パスポート
  • パスポートのコピー
  • 上司に書いてもらった英文推薦状
  • 国内身元保証人(妻)の保証書(英文)
  • 国内身元保証人のパスポートのコピー
  • 英文履歴書
  • 航空券の写し
  • ビザ申請書
  • 写真2枚(パスポート用サイズ)
  • 在職許可証(日本語)
  • お金(マルチプルは22,000円)
  • ビザ申請予約番号の控え

 
完璧だ!

のはずが、まさかの申請不受理。そ、そんなあ!
 
不受理の理由は、

  • 渡航時期と入学許可証の入学期間が一致していない。

もう少し詳しく言うと、

  • 留学ビザは、入学許可証に記載の留学期間をカバーする分しか発行できない。入手した入学許可証の留学期間は、始めの1コース分のみの記載だったため、5月1日から6月13日までとなっている。期間が短いのは、1コース分しかお金を払っていないため。新級試験に落ちると即落第のため、最初から全コーズ分払う人はいないはず。)
  • これに対して申請書のビザ期間が1月17日から1年間となっていて長すぎる。(5月1日から6月13日までなら90日未満なので、90日期限のシングルの留学ビザしか発行できないそうです。)
  • 留学開始が5月1日なのに、渡航時期が1月17日で渡航が速すぎる。通常は留学開始直前の日からしか認められないらしい。「いろいろと準備することがあるでしょう!だから早めに渡航したいんです」というと、「ノービザで行って、一旦帰国して留学ビザを取って、それから留学してください」とのこと。とほほ。

 
「じゃ、どうするの?」


しばし担当官(やさしい日本人の女性でした)と相談した結果、次のようにすれば良いとのこと。

  1. 1月17日からの渡航は30日未満なので、ノービザで行って問題ない。
  2. 退職後、4月末に入学許可証に記載の期間をカバーする分、すなわち90日間の留学ビザのシングルエントリーを申請する。この時、大使館が元の大崎に引越しているかもしれないので要注意。
  3. ただし、その場合大学からの入学許可証の日付が申請日の3ヶ月以上前になってしまうため、申請書類として使えない。3ヶ月以内の日付で再発行してもらうこと。
  4. その時点では退職しているので、在職証明書も上司の推薦状も必要ない。
  5. 国内保証人1名の保証書だけあればよい。
  6. 退職者の場合は、銀行口座の残高証明書が必要。留学ビザの場合は残高の最低条件は無いが、100万円もあれば充分。(ほっ)
  7. 渡航後、90日経つ前に、90日を過ぎる次のコースをカバーする入学許可証を持ってタイの入国管理局に行き、期間延長をしてもらう。
  8. この時、マルチプルのリエントリーパーミットをもらっておく(この部分、まだよく分かってません)。
  9. 90日ごとに7を繰り返す。

以上で、1年以上タイで勉強できるし、出入国も何度でも出来る。という事である。

 
こういうやり方もあることは知っていたが、たびたび延長手続きをするのは面倒だし、延長手続き費用も掛かるので、日本で1年間のマルチプル、リエントリーパーミットの付いた留学ビザが欲しかったのだ。
不受理の結果でショックだったが、ネットで見ても日本で1年間のマルチプルの留学ビザを取ってゆく人は少数派で、多くの方は上記のように対応しているようだし、領事間のご説明は理にかなっているので、それに従うしかありません。


たしかバンコクの入国管理局は、僕のコンドからすぐ近くだったと思うので、その点は良かった。
 
 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

tag : ビザ チュラ大 タイ語 留学 大使館

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる