FC2ブログ

ジャンタブリー紀行:マングローブ編

ジャタブリーの翌日、僕らはもう一度海でひと泳ぎしたあと、別の観光地であるサーメープーというマングローブ林を訪れた。

ここには、ボート観光があったので楽しんだ。一人50バーツで1時間余り。

僕はマングローブ林をボートで走るのが大好きである。マングローブ林は自然の宝庫。生物の宝庫。涼しい風が気持ちいい。

ボートは飛ばさず、ゆっくり進んだ。かっ飛ばしてくれると気持ちいいんだが。

主にヒルギの大きな木で占められたマングローブ林。これ程背の高いマングローブ林は珍しいのでは。

地面からにょきにょきと気根が突き出ている。

マングローブの泥の上には、可愛いシオマネキが大きなハサミで来い来いしている。

ちょっと見にくいが、無数のシオマネキがいる。ここのシオマネキは特に同期していないようだ。

海岸に出た。下は砂。掘ったけどアサリ(ホイラーイ)は見つからず。

広い干潟とマングローブ林は自然豊かな証拠。

水の浄化能力は凄いらしい。

遊歩道があってマングローブ林の中を歩くことができる。

マングローブの根が凄い。

しばらく行くと、マングローブの背が低くなり、開けた場所に出た。

展望台からはマングローブ林を上から見ることができる。

こういうマングローブが、タイには未だ豊かな自然が残っていることを示しているが、一方でここが観光資源になっているということは、マングローブ林が消えつつあることも示している。

マングローブ林見学は、当初の予定にはなかったが、ただの砂浜ビーチよりも、僕にとっては面白かった。

一泊二日の旅だったが、今回は小さないちご苗への水やりをワーカーに頼んでおいたので、枯らさずに済んだ。

関連記事

コメント

非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
24位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
14位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる