FC2ブログ

ジャンタブリー紀行:ビーチ編

夜、妹さんからマシュマロちゃんに電話があり、休んで旅行に行かないかとの誘い。

マシュマロちゃんは、僕の意見も聞かず、即答OK。

行き先も一発でジャタブリーに決まった。

ジャタブリーはタイ南部カンボジアに近いタイ湾沿いにある。結構高い山もありフルーツ天国として有名。ビーチもある。カオヤイからは、ワンナムキアオ経由で計5時間半。

割と遠いが、今回は妹さんの旦那さんの車で行くので、僕らは座ってるだけの楽ちん旅行だ。

行き先は、ジャタブリーのチャオラオビーチ。

この辺り、多くのビーチリゾートとマングローブ林、そして無数のエビ、カニ養殖場がある。

海岸に着く前の山あいには、ドリアンの森が沢山あり、今が収穫期。街道沿いにも、ドリアンの露天が多くある。

しかし、露天で食べ頃のドリアンを買うのは簡単ではない。殆どが、未だ熟成前のもので、熟成もコツがある。完熟物は少ない上に、多くの場合、自分で皮むきをしないと行けないが、これが大変で、タイ人じゃなければ出来ないだろう。

ドリアンがフルーツの王様なら、マンゴスチン(マンク)はフルーツの女王。マシュマロちゃんはドリアンが大好物で、僕はマンゴスチンのファン。マンゴスチンは、3kg100バーツで買った。ドリアンは、この旅行中に2000バーツも買ったが、完熟してなくて、マシュマロちゃんはご機嫌斜め。ランブータン(ンゴ)とサラも買った。

サラの強烈な匂いは、ドリアン以上。まるで、モモに発情期のメス犬のマンコ汁を混ぜた様な匂い。しかし、食べると何故か臭くない。

さて、ビーチリゾートに着いた。

泊まったのはチャオラオトーセンビーチリゾート。

ここのフロントには、日本語ネイティブの男性がいてビックリした。お父さんが日本人のハーフで子供の頃15年間日本で暮らしたそうだ。しかし、ここに来る日本人は非常に稀で、年間数名のオーダーとのこと。

取り敢えずひと泳ぎ。海水はお湯で熱いほど。胸迄浸かる深さ迄行っても、未だ体温以上ある感じ。海岸が全部食塩温泉になった感じ。暑くて泳いでられない。

透明度は50センチ程。浜を掘ったが、貝は居なかった。

妹さん夫婦家族。子供は水遊ぶ大好き。

泳いだあとは、ドライブに。

ビューポイントであるヌーンナーンパヤ

岬になっていて、夕陽の名称地。

何故か南京錠が一杯。恋人岬みたいな言い伝えがあるのだろうか?

途中、カニ養殖場に立ち寄った。

カニは一匹ずつ黒い小さなカゴに入れられて飼われていた。

これは脱皮直後の、所謂ソフトシェルクラブで、一匹350バーツもした。

僕らが買ったのは、上のカニ漬け。

生のカニを甘酢に一週間程漬けたもの。味噌が一杯で激ウマだった。こちらも一匹分350バーツ。

日本では食べたことのないカニ料理。

他に、カニ、エビ、パッポンカレー等注文して、全部平らげた。カニは身が一杯詰まっていて甘かった。全部で2000バーツだったから、リーズナブルだと思った。

入江の中のローカルなレストランだった。

関連記事

コメント

非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
39位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
23位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる