アンコール遺跡に行ってきます

金曜から土曜にかけての大雨で、すっかり働く気を無くした僕たちは、急遽アンコール遺跡への旅に出ることに決めた。あと二回週末をいちご園で頑張ろうと思っていたが、もう止めた。

出発日は、5月1日。帰国は5月6日。5泊6日の旅だ。

計画中は気が付かなかったが、ゴールデンウィークど真ん中。しかし、飛行機、ホテルはガラガラ。ゴールデンウィークなんて日本だけの話だし、今や混雑状況は某大陸の方々の動向に依る。

アンコール遺跡には、以前からずっと行きたいと思っていた。シェムリアップの気候はタイの気候とほぼ同じで、シーズンとしては乾季が良いが、いちごをやってる僕らには難しい。いちご園が終わった今は、雨季入りで蒸し暑い時期だけれども、雨や暑気には覚悟が出来ている。

今は、特に混雑する時期じゃないが、ゴールデンウィークだから、現地で多くの日本人に会うんじゃないだろうか?

さて、どうせなら駆け足のツアーじゃなくて、自分たちのペースでゆっくり遺跡巡りをしたいので、セットツアーではなくて、完全自由旅行とした。

行き帰りは、ドンムアンからの飛行機。

二人で往復8353バーツ。一人片道約2000バーツなので、距離の割に安くはないが、日本から来るのと比べればずっと安い。飛行時間はたったの1時間。

ホテルは、初めの2泊はシェムリアップ市街の便利なところにした。パブストリート、オールドマーケットから共に徒歩5分以内。

小さなホテルだが、アゴダでユーザー評価はすこぶる良い。

3泊目から5泊目は、少しホテルを変えて、もうちょい優雅なところにした。

こっちのホテルはパブストリートやオールドマーケットへは徒歩だと10分以上かかるので、トゥクトゥクかバイクタクシーとなる(歩いても良いけど)

料金は、共に朝食付き、バスタブ付き、空港送迎付きで一泊1300~1500バーツ。僕らには充分過ぎる。

実は日本に帰った際、オリンパスEM5MarkII用に、ちょいと高級な単焦点レンズを買った。アンコール遺跡のような雄大な被写体に向いていそう。

今回はスチールだけじゃなくて、手持ちで動画を撮ってくるつもりだ。

アンコールワット、アンコールトム、タプローム、バンテアイスレイ、ベンメリア、プリアカーン辺りを一日1箇所位のつもりで回る。

日本語ガイドを付けると色々教えてくれて便利だが、高いし、マシュマロちゃんは日本語が分からないので、ガイドなし、若しくはいい英語のガイドがいたら付けて見ようと思う。

実は僕はクメール遺跡が大好きで、特にまぐさ石などに彫られたヒンズー教系の彫刻をじっくり見て来たいと思っている。マシュマロちゃんは遺跡には興味ないが、写真が好きなので、写真映えするアンコール遺跡は絶好の被写体だ。

ドンムアンで米ドルに換金して、シェムリアップ空港でアライバルビザ取って、その日のうちに遺跡見学チケット3日分を買う。しかし、その日はシェムリアップ市街でまったり過ごす。2日目から遺跡巡りのスタート。それ以外には何の計画も立ててない。

読者中には、アンコール遺跡に行ったことがある人が多いと思う。ここは行ったらあかんとか、ここが穴場で活かすとか、ここのあれが美味いとか、ここで女が買えるとか、こういう奴に気をつけろ、といった情報教えて下さい。

Related Entries

Comments

いいですね

私も行ってみたいです。

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる