気になるニュース:やっぱり赤字MRT

地下鉄MRTの駅の作りを見ると、車両の長さはまだ2倍に出来るし、切符売り場以外はガランとしていて、スペースとしてはあと一桁収容人数にゆとりがあるように見える贅沢な作りのMRTだが、

  • BTSスカイトレインほどの利用客はまだ多くない。
  • 料金も安く設定してある
  • BTSと比べて広告も大人しくて広告収入もあまりないと想われる
  • 広大な地下空間を照明・冷房しなくてはいけない
  • 各駅の入り口には金属探知機のゲートがあってガードマンが荷物検査している
  • パープルラインを大規模に建設中

ということで、やっぱり大赤字だったようだ。

NewImage

ニュースによれば、「バンコク地下鉄は4月1日―6月30日の午前9時半から午後4時半にかけ、駅構内のエスカレーター約200カ所のうち78カ所で下りのエスカレーターを停止する。電気代節約のためで、効果を検証して、7月以降も継続するかどうかを決める。

 また、4月1日から、地下鉄駅の駐車場料金を、地下鉄利用者に対しては2時間15バーツ(現行10バーツ)、地下鉄を利用しない場合は駅に応じ、1時間40、50バーツ(現行30、40バーツ)に引き上げる。

 バンコク地下鉄の今年1月の乗客数は1日平均22・2万人。運営会社のバンコク・メトロは毎年10億バーツ前後の赤字が続き、負債総額が170億バーツを超える。」

  

NewImage

 

エスカレータを止めて節電なんて、発想がいかにも日本的だ。そういえば照明もLCDに変わってきている。

そういう節約志向もいいんだけど、広い地下空間を店舗に貸し出したり、広告を貼るなどして、収入を増やすことを考えたほうがいいんじゃないだろうか?

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる