37℃

37℃というと、4℃と並んで、僕にはとても馴染みのある温度だ。

薬理・生化学実験では、この2つの温度をよく使う。

昨日、バンコクは気温が37℃まで上がった。

体温と同じ。

今日も36℃まで上がった。夜10時現在の気温は32℃。僕の部屋の気温は35℃(エアコン不使用)。

やっぱり暑い。これから4月末までが一番熱い季節だ。

トムがJETROまで送ってくれるというのでお願いしたら、渋滞で車がぜんぜん動かない。このままじゃ遅刻だと思って、道路の真中でモトサイ(オートバイタクシー)を止めて乗り移り、チョンノンシー駅まで行ってもらい、その後BTSスカイトレインでラチャダムリ駅に行った。駅からJETROまで、体温近くある気温の中を必死で走って5分遅れで会場に着いた。

白の新調したYシャツにちゃんとした紺のスラックス姿の僕は、JETROにつくと汗びっしょりの息ハアハアだった。

しかし、受講生はまだ半分しか集まってなく、ぼんやり集まるのを待っているところだった。

「しまった。ここはタイだった!」

5分の遅れを気にするのは、世界広しと言えど日本人だけだ。ドイツ人とアメリカ人が15分。フランス人、イタリア人が1時間、タイ人は2時間といったところか。いや、タイ人は2時間でも気にしない。

 

講義は2時間、受講生は全部で12人くらいだった。

IMG 0740

名刺交換すると、皆さんちゃんとした会社の看板を持っておられる。

でっち上げの看板しかないのは、僕だけだった。

(学んだことや感想などは、別の機会に報告します)

 

「12時に終わるんでしょう。終わったら迎えに行くからね」と言ってくれたトムだが、終わってから電話してみると、まだ自分の家にいた。渋滞の中、来るのに30分はかかるだろうから、馬鹿らしいので一人でBTSを使って帰った。

 

 

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる