やられてしまった看板の話

カオヤイいちご園の土地の賃貸契約の時、そこにあった看板は、オーナーが

「全部、俺が撤去してやる。」

とのことだった。実際、撤去しに来てくれたが、4つあった看板の内、1台だけ鉄製の枠で出来ていて、僕はそれを自分のいちご園の宣伝に使いたかったので、

「これは僕が使うので撤去しなくて良い。」と作業員に告げたところ、撤去せずに帰った。だから、僕の意向は通じ合えるオーナーは逸れをアクセプトしたと思っていた。

僕がその看板枠を使いたい旨は、その後も数回オーナーに言ったはずだった。

ところが、数日前、オーナーの労働者がそのオーナーのホテルの看板を貼り付けに来た。

僕は、オーナーに中止するよう頼んだが、タイ語が通じなかった。

鉄製の立看板の土台はオーナーのもので、いちご園で集客できると見たオーナーが自分のホテルの宣伝に使うことを思いついたのだろう。

最高の場所にあったので、ここに貼る看板のデザインまで考えていたのに悔しい。丸4日間もかけて除草剤を散布して見晴らしを良くしたばかりだった。悔しいが、オーナーに取外してくれとまでは言えない。

こういう事は、タイにいるといつも起こる。原因はコミュニケーション不足。僕のタイ語能力の欠如が原因。

日本人とタイ人との軋轢は、95%意思疎通が原因と思う。文化の違いじゃなくて、言ってことが通じて無いのが原因。

タイ女とのトラブルも然り。

外国で暮らすことの難しさは、それに尽きる。僕の勉強ゔ則もあるだろうが、意思疎通が難なく出来るようになるには、5年じゃ足りないだろうと思う。初老のボケ脳みそでは、多分永久に無理。

見晴らしが良くなったいちご園前には、他にも7~8個の新たな立看板が立ったが、それらは全部取り壊す。

どうせ上手くネゴ出来ないので、黙って勝手に取り壊すまでだ。

Related Entries

Comments

諦めず悪びれず

タイは、ネゴシエーションの国でもあります。

ニコニコしながらオーナーのところに行って、鉄製の看板の横にでももう一つ立てさせてもらったりしてはどうでしょう。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる