ハムケン格安携帯に笑顔

携帯電話を替えた。

使っていたNexus6の電池が死んだから。

カオヤイに来る前に、わざわざMBKで電池交換して来たのに、その電池が3ヶ月ちょいで死んだ。腹立つ。

ここ数日の間に、電池残量があるのにパワーオフしてしまうようになり、最後は電源ケーブルを入れていても切れるようになってしまった。

見ると、電池が膨れ上がって外装の蓋が剥がれかかっていた。

それを剥がして見ると確かに電池の体積が大きくなっていて、少しブヨブヨしている。

この手のバッテリーは劣化すると不安定で危険だ(ターミネーターみたい)。

そこで已む無く携帯電話を新調することにした。

しかし、今回は生まれて初めて、高級機ではなくて、通称格安スマートホンにした。

理由はお金が無いからだけではない。1年半で電池が使えなくなるのに、8-10万も出して最新高級機を買うのは得策ではないとようやく気付いたから。

時代は格安スマホに向っていて、iPhoneは中国で失速。iPhoneが売れているのは日本くらいなもの。

格安スマホといっても、2-3万円はするので、格安というのは言い過ぎだが、コスパはかなり良い。

僕の場合は、日本人女性で、なんとカオヤイの男性と結婚して、僕と同じ街(アンパー)似住む人のおすすめの品にした。

彼女の旦那さんは、この街で携帯電話などの販売店を経営する英語ペラペラのハンサムボーイ。

その彼女がコスパの面から一押しだったのは、ASUSのZenefone3 max ASUS_X008D

際立った特徴は、

指紋認証

電池容量のデカさ

アンドロイド6

まあまあ良いカメラ

その他は特に普通だが、スマホとして十分な機能を備えている。

32MBのメモリーをただで付けてもらって、永久アフターサービス付きで5990バーツ也。約18000円。

ヂュアルシムなので。タイと日本用のSIMを入れておくことができる。(但し、外付けメモリーとスロットを共有するので、SIM二枚とメモリーは同時実装出来ない。)

ディスプレイはRetinaではないが、写真の解像度や軽快さは十分で、今のところ困った点は皆無。指紋認証は便利。

予定外の出費ではあるが、得した気分です。

使ってみて電池の持ちは神様のよう。なんと一日使える。

ありがたや、ありがたや。

Related Entries

Comments

アダプター

ともぞうの 例の ASUS Zenfone5 日本仕様 LTE対応の

アダプターは 

ASUSのロゴが入った一口羊羹みたいなサイズです。
本体はシリアルから調べてもらったところ
日本製と言ってましたが・・・怪しぃぃもんです。
電圧・容量は・・・あ~~~字が 小さすぎて 年寄りの目ン玉では 解読不能 です ! !
・・・・すんません。

SIMスロットは一つで、マイクロSIMサイズです。
複数の海外SIMの出し入れで確実に消耗します。

しかし、なぜか

ASUS Zenfone5 SIMスロット修理の専門業者 多いので助かりました。( ^ω^)・・・??

でわ

Re: ASUS Zen Zen・・・

アダプターはサードパーティでしたが微妙で壊れやすそうでした。ナノSIMカードでないのに驚きました。

ASUS Zen Zen・・・

ともぞう Zenfone 5 を海外旅行の際には利用していましたが・・・なんと 先々月の帰国の羽田空港で故障 ! !
そのまま アキバに 行き FREETELのDualSIM携帯を購入しました・・・・

ほんと ASUSは ダメになりました
(SonyのOEMしてた頃のは丈夫、3台、今も使ってます。・・・) 

ハムケンさん ! ! この機種は SIMスロットの故障が多いのでご注意下さい。! !

(特に 海外旅行などで 複数のSIMを出し入れされる方・・アダプターも鬼門です。)

ここのカスタマーは 「ク●」・・・ 

今回も 修理ではなく 交換になると 言われたような ? ?
(昔から もう ここの カスタマは アテにしてません。)

ネットで修理業者を探し 2日で 手元に戻りました。
費用 コミコミで6000円ぐらい ! !
自分でなさる方は 交換用部品も 有ります。500円程度( ^ω^)・・・

でわ

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

ものすごい電池

今までのが悪すぎたんですよ。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる