うんこ

子供の頃、僕はいつもうんこを我慢していた。幼稚園から小学校2年生くらいまでのことだが、今もよく覚えている。

うんこなんて家のトイレ以外では死んでもしたくなかったから、学校にいる時も遊んでいる時も、いつもうんこを我慢していた。だから、結果としてよく便秘になった。つまり出るべきもが出ずに、お腹が張ってしまって、苦しくてたまらなくなる。ガキのくせに4日も5日もうんこが出ないことが常だった。一旦便秘になると、うんこはだんだんと太くなるは硬くなるはで、ますます出にくくなるという悪循環に陥るのだった。そうなってしまったら、トイレで踏ん張ったところで、文字通りうんともすんとも言わなかった。

そんな僕を見かねて、父は

「でるかもしれないから、トイレでふんばってこい」と僕のケツを叩く。

「やだ、どうせ絶対出ないもん」と言いつつも、苦しいし一筋の希望の光がないでもなかったので、一大決心をしてトイレに向かった。

トイレの中で40分間、肛門が破れるのではないかという恐怖と戦いながら、汗だくになって持てる力をすべてを振り絞り踏ん張ったが、親指の頭ほどの硬いうんこのかけらが出ただけたった。僕は、泣きべそをかきながら、

「とうちゃん、やっぱりでないよう。一生懸命踏ん張ったけど、ほんのちょっとしか出なかった。えーん」

僕は、その絶望的な状況に同情を求めて泣いたのだ。

ところが、そのとき父は言った。

「よかったじゃないか。ほんのちょっとだろうが、出たんだから、全然出ないよりずっといい。」

えーん、えーんと泣きながら、絶望の中に希望の光を見て、心が少し軽くなった気がした。あのとき、「ああ、父ちゃんはなんて偉い人なんだろう」とひどく関心したものだった。

 

何事も、問題が一気に解決するなんてことはめったに無い。とても解決できそうにないことでも、頑張ってみれば、ほんの一歩だけ前進することがある。そして、その一歩の前進が、次の前進の引き金になるものだ。

 

大人になってから毎朝ちゃんと出るようになって、中年になってからは、逆に下痢気味で一日に3度も4度も出るようになった。もうちょっとためてからしたほうが、スッキリして気持ちいいのかもしれない。

 

Related Entries

tag : 起業

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる