スター・ウォーズ「フォースの覚醒」を観た

月曜日にマシュマロちゃんと一緒にスター・ウォーズ「フォースの覚醒」を観た。

スター・ウォーズは全部観たが、第一作以外は好きになれなかった。今回の最新作は興行収入も凄いらしく、ファンは泣けると言っていたので多少期待していたのだが、、、やっぱり面白くなかった。

第一作ではワープするだけで興奮した。狭い空間を高速で飛行するのは迫力があったが、もうそれらは当たり前になってしまった。

面白くなかった理由に、英語がよくわからなかったというのもある(英語にタイ語字幕だった)。何時まで経っても英語の映画はよく聞き取れない。特に、ハリソン・フォードの口に隠った訛りっぽいセリフは、何を言っているのかさっぱりわからない。

アメリカ映画の宇宙物を観ると、いつも思うのだが、宇宙人が当たり前のように英語を話すのが気に食わない。絶対ありえない。

ロボットが人間の言葉を解すのはいいとして、人間がロボットの信号みたいな言語を解すのもありえない。

惑星も破壊する強力な兵器があるのに、最後はライトセーバーでちゃんばらして戦うのは何故。

いろいろ不満はあるが、歳をとったレイラ姫の顔がどアップされたとき、その眼とあの変わった鼻の形が昔のままだったので、僕は泣きそうになった。巨乳なのも昔のままだった。

raya

それと「ドロイドBB-8」というロボットの動作が子犬みたいで可愛かった。

download (1)

第一作(エピソード4)ではハリソン・フォードも青年だった。僕も青年だった。何しろ1977年だったから。

僕の肉体が老いぼれたのも当たりまえだ。

でも最近思うんだが、脳みそは肉体の一部だから老いぼれて精神活動も当然鈍るわけだが、心は年をとっても老けることはないのではないだろうか。フォースが不滅なように。

Related Entries

Comments

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
2位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
2位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる