きのこ

マシュマロいちご園のあるワンナムキアオというところは、きのこの産地でもある。

シーズンになると、街道沿いにいろいろなきのこが売られる。また、きのこの栽培ファームも幾つかある。

付加価値の高いきのこに、冬虫夏草というのがある。

昆虫の幼虫などに寄生し、そこに生えるきのこで、いろいろな薬効があるということで、ハーブとして高く売られている。

IMG_1577

マシュマロちゃんがそのファームに行った時に、僕の滋養強壮のために一瓶買ってくれた。

IMG_20160105_190927IMG_20160105_190937

これがそれ。20グラム入って300バーツ。

重さの割に非常に高価だが、数百以上の乾燥きこのが入っている。

これをお湯の入ったカップに2つ入れて抽出し、そのお茶を毎日1カップずつ飲むようにとのこと。

最近の僕の精力減退に不満を感じて飲ませようとしたのだろうか?


国道304をワンナムキアオに向けて走り、プラチンブリの峠に差し掛かった辺りの街道沿いに、メロンやきのこを売る出店が何店舗かある。夜中の1時でも朝の5時でも開店しているから感心する。

そこで食用きのこの栽培パッケージが売られていた。きのこの種類は分からないが、大きめのしめじみたいなやつだ。

一つ15バーツ。

これをトイレ(浴室)に置いておいて、毎日一回水を掛けてやれば、1週間位できのこが出てくる。きのこは摘んで食べれば、また数日後に出てきて、3~4ヶ月も収穫できるとのこと。本当かなあ?

面白そうなので買ってみた。言われたとおり浴室においておいたら、4日後にはこの通り。

133394

元気に育ってきているが、まだ収穫には早い。食べるのが楽しみだ。

日本でも最近ホームセンター等で、この手の菌床がよく売られている。大抵はもっと綺麗なプラスチックの瓶に入っている。そしてその値段は結構高い。かりに数回収穫できたとしても、きのこをスーパーで買ったほうが遥かに安い。なのに何故売れるのかというと、きのこが育つのを観察するのが楽しいからだろう。

マシュマロいちご園の場所は、きのこの産地。

観光客にきのこの栽培セットは売れるだろうか?

Related Entries

Comments

食べる気します?

まだ目新しいという印象があるなら、売れるんじゃないですか。

それにしてもトイレで育てた食べ物なんて、よく食べる気がしますね。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる