フェイスブックのリーチ率に愕然

僕の会社のフェイスブック(以下FB)のページは、始めてからほぼ一年でやっと「いいね」が9000を超えた。

始めは1000B出していいね広告を出すと1000人くらいの「いいね」が得られたが、今では500に届かない。このところ、いいね広告は出してないので、「いいね」の総数も伸びないままだ。

個別の広告を出しても、最近はどうも反応が良くない気がしていた。

ここで、僕のFBの成績を公開すると、こんな感じだ(過去三回の有料広告の結果の平均値)

  1. 1広告あたりのリーチ数(相手の画面に表示された回数)9,247 Reach
  2. 1広告あたりのアクション数(いいね、コメント、シェアーを実行した回数のこと)1,447 Actions/THB
  3. アクション率(アクション数/リーチ)15.8%
  4. オーガニックリーチ率(有料広告によらないリーチ率)9.2%
  5. アクション当たりのコスト(アクション/THB, 2の逆数)0.7B

日本で通販サイトをやっている友人が言うには、今時は「いいね」あたり100円はかかるというので、それよりは数倍良いということで、「まあ、こんなもんか」と思っていた。

ところが、

一ヶ月ほど前からマシュマロいちご園の広告を始めたところ、その違いの凄さに度肝を抜かれた。

いちご園の「いいね」は、僕が広告を始める前は800に届かなかったが、僅か一ヶ月で8930になった。今週中に、僕のビジネスサイトが抜かれるのは間違いない。

いちご園のFBページの成績は、圧倒的だった。

  1. 1広告あたりのリーチ数(相手の画面に表示された回数)278,927 Reach/THB
  2. 1広告あたりのアクション数(いいね、コメント、シェアーを実行した回数のこと)34,805 Actions/THB
  3. アクション率(アクション数/リーチ)12.4%
  4. オーガニックリーチ率(有料広告によらないリーチ率)18.9%
  5. アクション当たりのコスト(アクション/THB, 2の逆数)0.03B

このデータには打ちのめされた。僕のFBが如何にダメかを表している。

3のアクション率はあまり変わらない(僕の方がやや上)なので、この違いは、1の広告あたりのリーチ数(相手の画面に表示された回数)の違いによる。

278,927/9,247=30.2

つまり有料広告を出しても、同じお金でいちご園の方が30倍も表示されるということ。

このリーチ率はFBの内部アルゴリズムで決定されているので直接的にはコントロールできないが、要は僕のページまたは広告はあまり表示する価値がなく、いちご園のは価値があるとFBが判定していることによるのではと推察している。

もう一つの違いは、オーガニックリーチ率(有料広告によらないリーチ率)。3倍の違いがある。詳しいことは不明だが、これもFBのリーチ率の決定に依存するのと、僕の商材よりもいちごに関心のある人が多いということだと思う。

一つ気になるのは、僕の会社のページでマシュマロいちご園の広告を出した結果だ。

この結果はいちご園の結果と一致するかと思いきや、僕のページからのリーチ数は極端に少なかった。

つまり、結果として僕の会社のFBページはFBから非常に低く評価されてしまっているということだろう。一旦こうなってしまうと、そのページは失敗であり、使い続けるのは賢い選択ではないのかもしれない。一年かけてやっと9000ライクにまで持ってきたという経緯から、この結果は非常に重く苦しいものがある。

では何故、それほど僕のFB評価が低いのか。

実は、過去に出した広告の多くがFBの広告ガイドラインに違反するとして却下されている。いまだに、却下率が高い。

FBのガイドラインは多岐にわたるが、僕が引っかかるのは次の3点(表現は正確ではありません。)

  1. 20%以上のテキストを含み、広告の質が悪い。
  2. 必要以上に性的刺激を与え不適切である。
  3. 理想的すぎる体型のモデルを使って、見る人のコンプレックスを仰いでいる。

基本的にテキストはご法度。ブランド名やキャッチコピー等の文字が広告の写真の中に20%以上の面積を占めてはいけない。この規定には不満があるが、FBの規定なので仕方がない。

性的刺激の方は、僕がエロオヤジでエロが好きとか、エロに浸りすぎて感覚が麻痺しているからではないと思う。例えば、胸の谷間は男なら誰でも(女でさえ)注目を浴びる部分であるが、これが顔を含む自然なポーズの写真であれば多分問題ない。しかし、顔を含まず、胸のあたりをクローズアップした写真はダメだ。僕の商材の一つは、実は下着であって、特にブラを宣伝しようとすると、美しい胸元になることを示さないといけない。しかし、モデルとの契約関係で顔出しはできない。また、あえて顔を出すと顔のイメージに大きく左右されるので僕としては出したくないというもある。すると、必要以上に胸元に焦点を当てて性的刺激を煽っていると判定されることになる。

綺麗な女性が良い下着で美しいプロポーションになるのを表現しようとすると、上の3に触れる。

というわけで、非常にやりにくい。

こうしたガイドライン違反がマイナス要因になっている可能性が高い。ガイドラインに適合すると判定された場合でも、FBの内部では評価が下がっているのではないだろうか?

FBのガイドライン自体に異論はないが、判定は半自動で行われていると思われ、上記の商材の場合かなりやりにくいのは事実だ。

(上記のガイドラインは有料広告の場合だけであって、そうでなければどんなエロでもどんなに不快にさせる画像でも掲載はされます。ただし、あまりに酷いとFBから警告が来て、それでもやめないとアカウントをロックされるようです。そうされた知り合いがいるので。)

タイでのFB利用率、利用者数は日本のそれよりも多く、タイで事業をするならFBページをうまく利用することが非常に大切なのだが、僕のページは今のままではお金をかけても効率的に潜在顧客にメッセージが届かない状況になっていることが分かった。この辺りが事業不振の原因の一つなんだろうが、ではどうしたらいいのか?

今の僕にはわかりません。。。

いちご園の方は、FB見て来たと言う人が増え、いい感じに効果が出てきたようだ。

FB IMG 1450078982531

IMG 20151213 172953

 

 

 

 

 

 

Related Entries

Comments

No title

IT事業に関わる者ですが、下着がFBのガイドラインに抵触しているからアクセスアップマーケティングに関わることは、絶対に100%ないですよ。
そうであれば、日本の下着メーカー大手のピーチジョンも、FBでは差別的に下位の評価を受けますね。
推測するには、ただ単純に、タイ人にとって、下着より、イチゴの方が、検索需要や興味が高い。
ただそれだけです。

もしかしたら、タイでは、イチゴ農園の方が、今後のビジネスに向いているかもしれませんね、将来的には。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる