チャオプラヤーで川下り

僕のオフィスから、バンコク旧市街であるヤワラー、サンペン地区、王宮地区(ワットアルン、ワットプラケーオ、ワットポーなど)、それからシーロム地区(サパーンタクシン近辺)に行くなら、チャオプラヤーをボートで下るのが一番いい。

  • なんといっても渋滞がないのがいい。渋滞がないので到着時間もだいたい読める。
  • 運賃が安い。普通もしくはエクスプレスで14−15B程度。タクシープラス電車の10分の1。
  • 気持ちがいい。乾季の川下りは風も涼しくとても快適。

 

IMG 20151211 093617

ノンタブリの船着から見たチャオプラヤー川。

波もなく穏やか。この日はいつもよりホテイアオイが多かった。

 

IMG 20151211 091404

オレンジエクスプレスは14B。小さな薄い切符。

切符のチェックは、指で少しだけ切れ目を入れる。

これなら誰でもできるので、チェックにならないと思うが、特に問題なく機能しているようだ。

切符は乗り場で買うが、切符売り場のない船着場もあるので、船内にも切符売りがいる。バスと同じように、円筒型の小銭入れを振ってジャラジャラ音を立てながら船内を歩く。

 

IMG 20151211 133606

流れの加減で、この船着場はホテイアオイで覆い尽くされていた。

しかし船はホテイアオイに邪魔されることなく、船着場に着くことができた。

 

IMG 20151211 130926

川下りの途中で見つけた清掃船。ちょっと見えにくいが、船首のベルトコンベアーでホテイアオイなどの浮遊物を集めて川を掃除する船。

これが何隻も活躍していた。

 

IMG 20151211 101648

僕の目的地はこの桟橋 ター・ラチャウォーン。

バンコクは東洋のベニス(ペニスではない)と呼ばれたように、チャオプラヤーとそれに続く運河の周りで発展した。

サンペン市場も、パクローン市場も川のほとりにある。ヤワラー地区もそのすぐ近く。外人が切符を買うとき、「チャイナタウン」と言うと、ここまでの切符をくれる。桟橋名は英語でも書いてあるので外人でも分かる。

観光専用のエクスプレス(ブルーライン)もあって、値段は150B程度と高いが、英語の案内が付いている。

 

IMG 20151211 131225

RAMA 8橋

 

IMG 20151211 124049

サンペン地区で用事を済ませ、オフィスに帰る際、何を間違ったのか反対方向の船に乗ってしまった。

これはサパーンタクシン地域の様子。

 

IMG 20151211 123300

サパーンタクシンからアジアティークに向う途中から上流のサパーンタクシン、シーロム方面を見た様子。川べりには高層ビルが並ぶ。

 

IMG 20151211 122700

Related Entries

Comments

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる