カシオペア

夕食後にポンプが止まった。

400メートル先のポンプをチェックしに行かないといけない。しかし、道は真っ暗のけもの道。どんなヘビが出るか分からない。

一人では危険すぎるので、男二人で2つの懐中電灯と刃渡り40センチの剣(ナイフ)を持って、真っ暗な藪を下った。

途中、僕の長靴の中に冷たい何かが入ってゾッとしたが、幸い剣を使わずしてポンプに辿り着いた。ポンプに電気を送る分電機の過負荷が原因で遮断機が作動していたのだった。

こうしたことは、水の出口を全部閉じて、なおポンプを作動している時に起こりやすい。何処か末端を開けておかないと、ポンプに負荷が掛かり過ぎるためだ。

遮断機をリセットすると、塩化ビニール管の中に水が流れる振動が微かに感じられた。

それで二人は家への道を戻った。

途中、長い登り坂で息が切れて空を見上げると、うっすらと銀河が見えた。

カシオペアと北極星は低い位置にあった。

何年間もの間、キーンと寒い冬の日本の夜空に輝くオリオンを見て、心から涙が枯れたのを感じてきた。そのオリオンはタイの夜空では見つからなかった。

「あっ、戻ってきた。水、出たよー!」

という女の声に迎えられ、登り坂で高まった息も弾んだ。

生を謳歌している感じがした。

Related Entries

Comments

かりそめの充実感

>生を謳歌している感じがした。

まあ、夜空すらまともに見ない生活からすれば、そう思うでしょうね。

でも、本当は東京のオフィス街でもビジネスが充実してれば、そう思えるんですけどねええ。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる