FC2ブログ

今度はニシキヘビ

今朝、メールをチェックし終えてちょっと外に出てみると、僕のオフィスを取り囲んで人だかりが。みんなこちらを指差して何やら騒いでいる。

「おはよう。どうしたんですか?」と聞くと、キャーとか言っている。

何か異変があるらしい。事件かと思ったら、

「そこにヘビが居ます! 大きい奴が。」

「ええっ?何処ですか?」

と聞くと、何と僕のオフィスの玄関先にいると言う。

蛇は外から僕の玄関先の植木の中に入って来ていた。

割と大きなヘビだった。面白がって写真を撮っていると、

「危ないから、部屋に入って扉を閉めて下さい。今、警備の人を呼びましたから。」

どういう訳か、蛇はこちらにどんどんやってくる。毒蛇なのか何なのか分からないので、忠告通り部屋に入り、ガラス扉を閉めた。

ガラス越しに接写。

そのうち、警備員が二人来たが、何も出来ないでいる。三人目の警備員はヘビを見るなり、立てかけてあったモップで蛇の頭を押さえつけ、素手で蛇を掴んだ。

「そのヘビ、どうするんですか?」

「あっちの排水路に逃がしてくるよ」

無駄に殺生しないのがタイの分化。

僕は、「ちょっとそのまま待って。写真撮るから。」

と言って撮らせて貰ったのが、この写真。

後で図鑑を見ると、ニシキヘビの子供みたいだった。

住民が言うには、ヘビは木の上に居て、そこからこちらに降りてきたのだそうだ。

関連記事

コメント

Re: こんばんわ。

あの傷はもう100% 治りました。
肉体ってすごい。寝たら疲れ取れるし、故障しても復活する。

こんばんわ。

どんどんワイルドでタフなハムケンさんになっていきますね(^ ^)
もう切り傷はよくなったかな。

ワイルドさが一ケタ違う

さすが、タイ。
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
26位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
13位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる