FC2ブログ

掘っ立て小屋の作り方

マシュマロちゃんが、いちご園に家を立てて欲しいといった。家と言っても、住む家じゃなくてショップにする家。

ツーバイフォー2x4なら覚えがある僕は、「よし、分かった!」と安請け合いしたものの、タイのホームセンターに2x4材なんて売ってない。インパクトドライバーなんて高くて買えない。

彼女に予算を聞いてみると、5000Bという。これで即死。

タイで仕事をしていても、驚くべきことが沢山あるが、いちご園でもたくさんある。

以下、ショップにする掘っ建て小屋の作り方を簡単に解説。

まず、材料は丸太。それも真っ直ぐじゃない。それも買ったものではない。それも乾燥していない。

近所のユーカリ畑の持ち主と掛けあって、間伐を伐採する。その代わり、間伐を一本50Bで譲り受ける。

127860

これがそのユーカリ林。

127863

水分をたっぷり吸ったユーカリの木は非常に重い。

127882

木のカットにノコギリは使わない。なたで断ち切る。このなたは手作りで非常に固くよく切れる。

次に基礎。基礎はない。土に穴を掘って、そこに採ってきたユーカリ材を直接ぶち刺す。木がまだ生きているから、一週間もすると幹から新芽が沢山出てくる。これホントびっくり。しかし、根が出て、そこに木が再生するということは流石にない。土の中の木は腐りやすいが、見ていると2年は問題なく建っている。

丸太同士の接合は、太い釘数本のみ。ホゾを切って差し込む等の高尚なことは何もない。重量がかかる場所には、縦に半分に割った短い木を釘で打ち付けて、その上に横木をかけるようにする。

なお、木のサイズは測定しない。現場で目でみて適当に切断する。

128479

彼らの生活は重労働で大変だが、毎日が変化に飛んでいて、なんだか楽しそうでもある。

128480

127935

屋根は、草の屋根。これが一番安くて軽い。1メートル幅くらいで10B。

128586

こちらは家の裏面。

い草屋根のこの密度の張りだと、大雨が降ると雨漏りするが、普通の雨ならこれで大丈夫。1年は軽く持つ。軽いので家の構造が適当でもいい。それと、涼しい。

128585

こちらが正面。

「寄せ屋根は、構造が複雑だし、屋根の継ぎ目から雨漏りするからダメだ。」と言ったのに、お兄さんと相談したら、「出来る」ということなので、こうなっている。

この家のサイズは、6x9m。

真ん中の屋根の下には、時計を設置する。その時計は今日チャトチャック・マーケットに行って買ってきた。

40247

直径50センチ位。駆動部が防水じゃないけど、パネルはブリキ製。駆動部だけ防水措置すれば使えると見た。予算は500Bだったが、1000Bになってしまった。他に選択肢がなかった。

あと二週間で、この家に看板やテーブルを設置し、商品を並べ、商売を始めなければいけない。

大変だが、やることがわかっているというのは楽だ。何をしたらいいのかわからないというのが一番まずい。

いちご園でのやることは多岐にわたり、お金のない中でそれぞれ工夫をし、自分の裁量や腕前でもって、一歩一歩自分達だけのものを築き上げてゆく。そのやり方が正しいのかどうかなんて、やってる本人にも誰にもわからないが、その時点で出来ることを精一杯やる。

彼らの生活は、思った以上に人間的でクリエイティブだ。

開店に向けて、来週後半から2週間ほどいちご園で寝泊まりして、看板と花の準備を手伝うことにした。

それが今僕に出来る事だから。

関連記事

コメント

東屋がスタンダード

>彼らの生活は、思った以上に人間的でクリエイティブだ。

単に原始的なだけだと思いますけど・・・
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
22位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
11位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる