家の中に滝

三週間ほど前、大雨が降った。

降り出して30分ほどで、階段から水が落ちてきた。

水量はみるみる増えて、3分後には滝になった。

営業部長が、「上の窓があいているんじゃない?」というけれど、窓から吹き込む水の量じゃない。

まるで滝のごとし。毎秒10リットルの勢い。

一階はあっという間に水浸した。

慌てて階段を上がってみると、水は屋上から来ていた。

屋上の扉を開けると、屋上からの排水管がゴミで詰まっていて、屋上に降って溜まった水が全部屋内に流れ込んでいたのだった。雨量は日本の集中豪雨以上で、これまた滝のよう。

詰まったゴミを取除くと、ゴーという音を立てて、水は排水管を下るようになった。そして、屋内の滝は止まった。

しかし、一階に溜まった大量の水を一体どうしたらいいのだろう。

水浸しの床はとても滑りやすい。

階段を降りるときが危険で、僕は一歩一歩確かめながらゆっくりと階段を下った。

下で営業部長が、「滑るから気をつけてね」と言った瞬間

足が宙に浮いた。僕は階段におしりと背中を強打し、そのまま10段くらい階段を滑り落ちた。

「きゃあ~嫌だわ、大変!大丈夫?」と聞かれても、すぐには大丈夫なのかどうか自分でも分からない。

痛みの程度は大丈夫。後頭部は打ってない様子。めまいも吐き気もない。骨折もなさそうだ。

「うん、大丈夫と思う」と答えたのは10秒後くらいだった。

一休みして呼吸を整えた後、床に溜まった水をモップで一段低い台所に流し込み、それから外に流し出す作業をしていると、自分の肘が痛いことに気がついた。

見てみると出血していた。

IMG_20151001_140347

後で洗ってみたら、肘の皮膚が2センチ弱裂けていた。

IMG_20151001_143103

日本ならすぐに外科に行って、1~2針塗ってもらうところだが、僕はタイに保険がない。

外は土砂降りで出られない。車もない。

それと、肘は人間の体の中で一番神経が少なくて痛くない場所だ。

僕は放置することにした。

翌日、マシュマロちゃんがコラートから駆けつけて来て、僕は叱られた。

「どうして病院に行かなかったの!。あなたは歳で、傷が治りにくいんだから。」

肘は腕を伸ばし気味にしていれば、皮膚がたわんで傷口は開かない。消毒と抗生剤の投与は自分で済ませた。

その10日後、傷はほぼ完治。良かった良かった。

しかし思った。いつかきっともっと大きなけがをする。

やっぱり現地の保険に入っておいたほうが良さそうだ。重症で担ぎ込まれた時、保険がないとかの理由で十分な処置をされずに放置されたくはないから。

ただ、財布を見れば、僕が日本人で、クレジットカードも持っていることは見つけてくれるだろうけど。

自分の意識がしっかりしてたのなら大丈夫。とりあえず払うお金はあるし、後で日本の保険で還付されることを説明できるから。

うーん、そういえば、もう2年間もちゃんとした健康診断をしていない。やったことといえば、血圧とHIV検査だけだ。

そろそろ肺と胃と大腸のがんの検査をしておいたほうが良さそうだ。それと前立腺。

タイで安くできるところがあれば教えてほしい。

Related Entries

Comments

Re:

社会保険パカンサンコムは事業主は入れないみたいでした。だから四人分の社会保険料を払ってましたが自分の分は入ってなかったです。???

タイの国民健康保険 毎月 450バーツ。 ประกันสังคม
外国人も加入可能。私も 何度も利用した。指定された病院で医療費無料。

やばかったかも

病院にも行けないとは・・・

当初、ビジネスクラスで各国を飛び回る予定だったのに。

やはり、金策にはかなり窮しておられるようですね。

>肘は腕を伸ばし気味にしていれば、皮膚がたわんで傷口は開かない。

結果オーライですが、接着しても短くなり、関節が曲がらなくなる危険性があったのではないでしょうか。

現地で暮らしているのだから、病院ぐらいはかかれるようにしておいた方がいいのでは。

年寄り・・・

人のことは言えませんが・・・・棺桶に足を突っ込むきっかけになるのが
てんとう虫・・・いや 転倒 です。

わたしの ばあさんも 転倒して骨折してから 寝たきりになるようになりました。
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・でわ

びっくりした。

写真にびっくりしました。読むのがちょっと怖かったです。
傷口も塞がったみたいで良かったです。
日本に戻られたら時に健診を受けられたらどうですか。
お大事になさって下さい。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる