FC2ブログ

サバイバル・セカンドライフ・イン・カオヤイ

サバーイバル・セカンドライフ・イン・クルンテープというのが、このブログのタイトルである。サバーイ、サバーイにセカンドライフをサバイブしてやるぞという意気込みでそういう名前にした。

僕は今、週末にはマシュマロ・いちご園に手伝いに行っているのだが、その生活は当初の目論見とは程遠い。サバーイ、サバーイどころの騒ぎじゃない。まさにサバイバル・キャンプのような生活になっている。僕は週末だけだからいいが、毎日そこに暮らすマシュマロちゃん一家の逞しさには頭が下がる。

何が一番辛いのかというと、水が出ないのだ。水道の水が出ない。

マシュマロいちご園を始めた頃は、2日に一回水道が出た。だから、ポリバケツに水を溜めておけば、快適とは言えないまでも、まあまあ普通の生活が出来た。

ところが、その水がもう1ヶ月以上一滴も出ない。

水が出ない生活が、こんなに厳しいとは知らなかった。思えば生まれてこの方、水が長期間なかったことなどなかった。

水がないと、ますトイレが流せない。つまり、屋内のトイレは使えない。女も男も野糞、野小便。蚊と蛇と野犬を気にしながら、暗闇の中に入って用を足さないといけない。しかも、その場所は誰にも知られてはならない。

食器が洗えない。食べかすは湿度と温度の高いこの地では半日で腐敗するし、アリやその他の昆虫だらけになる。

洗濯が出来ない。毎日、汗と泥まみれになる服を洗う水がない。

シャワーを浴びられない。

地方の水道管理は一体誰がやっているのかすら良くわからない。誰に文句を言ったらいいのか分からないのだ。いちご園の近くの電灯も消えたままだが、誰に言ったら直してくれるのか?トイレの汲み取りは誰に頼めばいいのか、とにかく分からないことだらけ。

とは言え、上記のことは出来ないままではいられない。どうしたって必要なのだ。

ではどうしているのか?

マシュマロいちご園の場合は、いちご園のためのウォーターシステムに救われた。

以前書いたように、400メートル先の高低差36メートルの池から、強力なポンプでいちご園まで水を引いていた。その水を屋内への水道管に接続して、池の水が台所とトイレで使えるようにした。

1442890121503 1443329749423

このポンプは正解だった。

127154

完成形のウォーターシステム。これとスプリンクラーを組み合わせて使う。

IMG_20151004_071652

スプリンクラーの写真は携帯じゃ上手く撮れない。肉眼では傘のように水が拡がる。

ポンプの力がないと無理。

使える水は透明度50センチの泥色で魚の臭いがする水だ。

本当に魚の臭がするので、初めは気持ち悪くて嫌でたまらなかったが、使ってみると使わないのに比べたら格段にいい。冷たくて意外とサラッとしている。行水しても別に汚い感じも匂いも残らない。汗と泥にまみれたままと比べたら、天と地ほどの差だ。実際、世界の半数以上の人は、こうした水で体や頭を洗っているのだろう。最近では、シャワーごときに水道水を使うなんて贅沢者だと思えてきた。

うんこを流すのには、池の水でまったくもって不足はなく、むしろもったいないくらいだ。(但し、今トイレの天然浄化槽が雨水でいっぱいになり使えない状態になってしまった。)

食器洗いには適さないが、洗わないより100倍いい。見た目、すっかり綺麗になる。

料理と歯磨きだけは、病気も怖いので買ってきた飲料水を使う。20リットルで20バーツ。

どうして水が出ないのか、諸説紛々としており定かではないが、地域一帯が出ないので、多分供給する水自体がないというのが本因のようだ。この辺り、高地で大きな川から水が引けない。小さな池から水をとっているという話だが、その水がもうないというのだ。

今年は、各地のダムの水量も川の水量も降水量も、20年に一度の渇水で、コラートの国道2号線沿いにある大きなダム湖にも水がほとんどない。9月は毎日嫌になるほど雨が降ったのだが、それでも水がない。

渇水が原因だとすると、来年半ばまで水が出ないことになる。池の水がなくなったら、、、その時はいちご園も維持できなくなるだろう。

ポンプが壊れたとか、どこかのリゾートホテルが賄賂で水を横取りしているという理由であって欲しい。

IMG_20151016_183117IMG_20151016_183143

夕食は蚊を追っ払うために、焚き火を焚く。煙で蚊があまり寄ってこない。蚊取り線香なんて弱すぎて役に立たない。

朝5時半に起きて、6時半から野良仕事を始めて夜7時に夕食。8時半就寝。

まさに毎日がキャンプ感覚。

1442734608263

家の前の土間に居た大きなコブラ。カオヤイ一体は、蛇の宝庫。

夜、用足しに森に入って、おしりをコブラに噛まれるのは嫌だ。

蚊なら許す。

関連記事

コメント

イサーンは水不足が深刻

数日前から再開されたことに気が付いていましたが、カキコが送れてしまいました。

金策に窮したか、ご家族の同意が得られず、ひょっとするとフェードアウトするのかもと思っていました。

>池の水がなくなったら、、、その時はいちご園も維持できなくなるだろう。

だから、イサーン地方は一期作しかできないし、ビンボーなんですよ。

雨水をためてろ過する装置を設置する人もいますね。

Re: No title


> ため池や雨水溜め枡もありますが生活用には普通使わないですよね
> もう聞かれてるかもですが近所の集落の人は水はどうしているのでしょうか

地元の多くの一般家庭では、雨水を使ってます。屋根からの雨水を大きな瓶に貯めて、それを使ってますね。
沸かしてから飲みます。ボウフラ湧いてますが、そのほうが酸素がある証拠なので良いようです。
僕も飲みましたが、雨水は超軟水なので美味しいです。

お金持ちやリゾートの幾つかは井戸掘ってるようです。

No title

はじめまして
いつも楽しく拝見しております

日本でも水道インフラが人口住居カバー率100%じゃありません
都市は自治体の水道局がやってますが、田舎は井戸が基本で
山渓水、河川などいろいろですよね
水が手に入らないところには人は住めないので住居は基本ないですよね

ため池や雨水溜め枡もありますが生活用には普通使わないですよね
もう聞かれてるかもですが近所の集落の人は水はどうしているのでしょうか


No title

ブログが途絶えていたのでもう書かないのかと残念に思っていた矢先です。すごい事になってるね。人は意外と言う一面があるけど、ハムケンさんは頑張り屋さんだったんだね。今年さえ乗り切れば来年は良い年になりそうな気配がします。頑張れ!頑張れ!

   サンフランシスコからお応援してます。          とし

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちわ。
フェードアウトされたのかと思い始めていました。
昔、現地で周りにいた同時期に独立した日本人たちも、ある日急に連絡が取れなくなり、後日風のうわさで「日本に帰った」ということが多々ありました。
文面を拝見して、昔の自分を思い出して懐かしくなりました。
私がいた国は熱帯に近い亜熱帯で、当時の路線バスは「エアコンなし(12円)」と「エアコンあり(24円)」が同じ路線を走っており、黒字だった月でもバス停でどちらに乗るか真剣に悩んでました。(日本食は月1回のご褒美でした)
当時、同じように個人で独立した日本人と、現地の汚い食堂でお互いの貧乏自慢をしたものでした。その人は地方へ出張に行ったときにホテル代を浮かすために橋の下で寝てたらしいです。(その人も今は日本でリタイア生活を楽しんでいます)
現時点では大変かもしれませんが、そのような時期を経験することで「コスト意識」と「人を見る目」が少しづつできてくると思います。
あとは「覚悟」ですが、くれぐれも「自分に負けて、楽を取って、違法なことに走らないように」、頑張ってください。
心より応援しています。

こんばんわ。

ご無沙汰です。
少し心配していましたから、ホッとしました。蛇がいるところでトイレとは、ハムケンさんもどんどんタフになられていますね。
日本にいると水に限りがあるとは感じれないですが、不自由に暮らしている人がいると改めて思いました。
頑張ってくださいね。

タンク

あまりに 空白が長く・・・・HPは、帯がけされました。

帰った日本で 大トラブル・・・弁護士交えて あーーたらこーーたら
だと思っていました。

まあ・・・一安心ではありませんが・・まず、一安心。


あとは、水、トラックに積むような、タンクで買うしかありませんね・・・・・

No title

本当にサバイバルな生活ですね。

そうした生活を乗り越えてしまう人間の英知と頑張りの精神に頭が下がります。

コブラも迫力がありますし、熱帯ですから虫だけでなく、熱病にも気を付けないと

危ないです。

イチゴ畑、そうした苦難を乗り越えて、成功を願っています。

頑張ってください。

今回の話はリアルに、その自然との闘いの迫力が伝わってきました。
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
22位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
11位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる