野良仕事

先週に引き継いて、この土日もいちご園の準備の手伝いに行って来た。

ほぼ1週間かかって、8300個のココナッツポットが用意出来た。

SL003755

SL003758

誰も数えてないので、僕が正確に数えてやると言って張り切って数え出したのだが、頼みの電卓が途中でリセットされてしまい、最終的にあやふやな数字になってしまった。(計算式が途中で消えてしまうような電卓は早くこの世の中からなくなってほしい。)

単純そうなこの作業だが、やってみると意外と難しい。

きちんと並んでいるようで、乱れているところもある。歩きながら数えると、どこまで数えたか、ふと曖昧になることもある。8300個あったというのは僕のハッタリで、誤差は最大200個位あるかも知れない。しかし、数えるだけで1時間はかかって、汗でヘトヘトになったので、もう二度と数えたくはない。

念の為に写真を沢山撮ったので、いざというときはそれを数えればいい。

日本人としては、いくつなのか正確に知りたいところだが、タイ人は数えもしないことから分かるように、「そんなことは大した問題じゃない」ようだ。まあ、確かにそうかもしれない。律速なのは、土地の広さと、買ったココナッツとビニール袋の数であって、実際がいくつだろうが、その数でやってゆかないといけないのだから。

このココナッツはまだ発酵が進んでいないので、窒素不足を招くだろうから、尿素と苦土石灰を一握りづつ注いだ。雨の中マシュマロちゃんと僕とで3時間かかった。雨のせいで、尿素はすぐに完全に解けて染み渡った。

SL003752
畑の耕しの方は、まだ終わっていない。

先週は3日続けて一日中雨が降ったので、作業が遅れている。

SL003753

クボタ(大型耕うん機)で耕したので少し楽にはなったが、鍬だけで畝を作ってゆくのは大変骨が折れる。

僕も手伝ったが、5mやったらもう玉の汗。汗が眼に入って痛い。汗がメガネの裏に落ちて前が見えなくなる。麦わら帽子は汗でベトベト。服は腹まで汗でベトベト。汗腺の働きが完全に狂っている。

そのうち頭は痛くなり、熱暑病の心配が出てくる。

この役立たずの親父に、マシュマロちゃんの妹は、日陰で休んでくださいと言ってくる。マシュマロちゃんは、シャワー浴びて木陰で昼寝をするように言う。

情けないが、やっぱり僕は畑ごとは「やらないほうがいい」みたいだ。


「もっとクリエイティブな計画を提案しなければ 」と考えては見ても、言葉の問題で分からないことが多過ぎるのと、暑さで頭が働かないので、野良仕事を手伝うことくらいしか思いつかない。

SL003768

それに対して、日雇い労働者の方は、一日8時間これをやり続ける。

育ちが違うとはいえ、いや全く大したもんだ。

マシュマロちゃんも、彼女の妹も乳飲み子に乳をやったり、おんぶしながらも畑を耕す。

マシュマロちゃんは半年以上畑仕事はしていなかったのに、炎天下でも雨の中でも頑張って鍬を打ち下ろしていた。

時々頭が痛いというので、休んで水を飲むように言うのだが、

「これは私の畑で私の仕事なのだから頑張るわ」と言って止めない。

「頑張ってお金を稼いで、二人の仕事のために使うのよ。」なんていう。

僕は、自分のお金でやっている自分のビジネスに、彼女のような努力をしてきただろうかと自問自答せざるを得なかった。

SL003767

畑の隣に置いた赤ちゃん用の小屋。

僕にできることと言ったら、この赤ちゃんの子守くらいなものだ。

マシュマロちゃんの妹のおっぱいは、マシュマロちゃんと同じだった。やっぱりDNAなんだ。



畑の畝づくりも終盤戦で、今週からは土への肥(豚の糞)入れと、マルチングが始まる。

来週、チェンマイからイチゴ苗を持ってきて、再来週に畑とココナッツポットに定植する。

しかし、その前に、肝心かなめのウオーターシステムを完成させないといけない。

そちらの方は、先週400m分のPVCパイプを設置していて、日曜日に電気を借りて、ポンプのテストを行った。

吸入力が最大4mのポンプで3mの高さから水を吸い上げなければならず、おまけに給水口の弁と給水パイプとポンプのつなぎ目のOリングの紛失が原因で空気が入ってしまい、安定した吸い上げができるまでに3時間もかかった。池の周囲は窪地で風の通りが悪く、暑くて死にそうだった。

水は35mの高低を揚がった。ポンプの定格出力は43m,、10アンペア。揚水時のデータは220V 6アンペアだったが、上部での水量は僕の計算通り不十分で、スプリンクラーを回せる水圧はない。

ポンプ、PVCとも変更という最悪のスト-リーになるかもしれない。

「テクニシャンを雇い、現地を見せて、彼の推奨するシステムを購入し、その人に設置してもらうように」

という僕の助言をマシュマロちゃんが聞かなかったのがいけない。

彼女は、ポンプは「安いから」という理由でチェンマイで買い、PVCはコラートで買い、テクニシャンは地元の機材購入とは関係ないひとを使ったのだった。

その他ウオーターシステムでは、まだまだいろいろな課題があるようだったが、イサーン方便とモン族の言葉の嵐のために、僕は完全に蚊帳の外。

彼らの知恵と経験に任せるしかない。

いちご畑もまた、「どうなることやら」といった状態である。

これがタイランドであって、僕の人生でもあるんだ。

Related Entries

Comments

Re: 直植え・・・

直植とココナッツポットと半々です。
池の水は雨水と地下水で透明度も高く、30センチ級のプラニン(ティラピア)が沢山いる水で、カルキの入った水道水より良いです。
この辺り水不足で水道は1日おきしか出ませんし、水は村の共有物なのであまり沢山使えません。

こんにちわ。

お疲れ様です。
8300個ですか、、電卓がポンコツでたいへんでしたね!
まだまだ作業続きそうですが、ご無理なさらずに。
ところで、律速と言う言葉を初めて聞き、調べてしまいました(^ ^)僕は自然に出てくることはなさそうです。

かかあが種撒きゃ、カラスがほじくる♪

う~ん、頑張ってますね。日本では熱中症と無縁の季節になりましたが、タイではそうはいかないですね。

>数えるだけで1時間はかかって、汗でヘトヘトになったので、もう二度と数えたくはない。

高いところから写真が撮れればいいんでしょうけど、ダメなら最初から1列何個と決めて置くといいんじゃないですか。脱落するものも出てくるから、あまり厳密に数えても仕方ないのかも知れませんが。

>情けないが、やっぱり僕は畑ごとは「やらないほうがいい」みたいだ。

嫌いじゃないんでしょう?慣れですよ。慣れ。頑張れ。

>僕は、自分のお金でやっている自分のビジネスに、彼女のような努力をしてきただろうかと自問自答せざるを得なかった。

ご自分で言っていれば世話はありませんが、客観的に推量してやってないと思いますw

女遊びもエンジョイなんて、最初から真剣味に欠けています。

>僕の助言をマシュマロちゃんが聞かなかったのがいけない。

自分のビジネスにするなら、きちんとさせるべきはさせないとダメですね。

直植え・・・

最初から 畑のウネに 直接 植えこむのかなと 思ってました・・・。

確かに、、ポンプは金魚ポンプと同じで・・・
密閉性が無くなったり、空気混入により揚水できないですよね・・・
ともぞう、フィルター清掃の度に気をつけています。
もしもの場合には、2段〜3段に分けて 揚水する必要があるかもしれません・・・。

他に、、気になることは、
貯水池の水を そのまま いちご畑に撒いて大丈夫なんでしょうか ???

某いちご生産地では、水道の水 使ってましたが・・・・
でわ
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる