マシュマロいちご園現状

来月からいちご園の準備を本格化しないといけないのに、現状把握も出来ていないので、土曜の朝に思い立って、いちご園用に用意した土地を見に行って来た。

いつもとは違う道を使った。国道2号線からワンナムキアオに入るルート。

途中、ポッカリ大きな穴が開いた山が幾つかあってビックリした。鍾乳洞の跡だろうか?





土曜の朝に、レンタカーの予約もせずにドンムアン空港に行き、空いているレンタカーを探したら、前の客が使ってまだ掃除してない、ゾウさんの可愛いスティカーが付いたのが28時間で1084バーツで借りられた。しかも保険はフルカバー。搭乗者保険まで付いていた。宣伝カーだから安かったのだろうか?

いちご園の場所には、先月ナコンサワンより購入して運搬してもらったココナッツガラが無造作に置いてあった。実は、このココナッツが盗まれていないかが心配だったのだ。
500袋買ったのだが、数えられなかったので、全部あったのかどうか分からない。
写真は沢山撮ったので、後で数えてみるつもりだ。

SL002835



土はクボタで耕して貰っていた。
見てなかったので、仕事ぶりはいい加減で、もう一度耕さないとダメだ。ただ、心配していた木の根は邪魔にならずに耕せたようだ。

SL002840

SL002817

SL002830

SL002842



土はまあ良いとは言えないが、なんとかなるだろう。一部岩が砕けただけのようなところもあって、そこはなんとかしないとダメそうだった。



いちご園の裏の斜面もクボタで耕されていた。
ここには、去年はトウモロコシが植えられていた。
裏斜面の土はいちご園の土よりも良く出来ていた。





20メートルの巻き尺を買って来て、いちご園から水源の池までの距離を実測した。斜面がきつく、グーグルマップの尺度では不安だったからだ。
350メートルだった。
高低差は木の高さを基準にして目測したとこ35-40メートルだった。
この距離の電線とPVCとポンプ代を大まかに見積もってみたら、それだけで10万バーツを越えそうだ。

この池の水量と水質が一番心配。水がなくなったり、泥や藻がポンプや水路の末端に詰まったらどうしようかという心配だ。



しばらく使っていなくて、シロアリに食われた家も掃除して貰ったら、思ったより綺麗になった。
水も電気も通って、4-5人は住めそうだ。
これでマシュマロちゃん家族が何時でも来れる。


朝は日帰りのつもりだったが、レンタカーのオフィスが閉まる時間には帰れそうになくなったので、すぐ近くの安リゾートに泊まることにした。
僕ら以外に客はいなかった。
一泊600バーツの泊まり。涼しくてコウロギが優しく鳴く気持ちのいい昨夜だったが、
ベッドが固くて、背中が痛くて、グッスリ眠れなかった。以前は硬い床の上でも眠れたマシュマロちゃんも、すっかり柔らかベッドになれてしまって、背中と首が痛くて、朝3時まで眠れなかったとぼやいた。
それと、夜中と明け方のいろいろな動物の鳴き声がうるさかった。吠えザルらしき声も聞こえた。
意外な盲点だったが、そのうちに馴れるだろう。





このベッドが固くて、腰と肩を痛めてしまった。

それともう一ついけなかったのは、寝る前に飲んだタイのお酒、サートゥ。
ビール瓶サイズ一本で35バーツ。
お米のお酒だが、発酵が未熟で甘い上に、アルコール分は5%しかない。酸味と炭酸も入っていて、お酒というより甘口ワインの味。



色もビールみたい。


この原始的なお酒を寝る前に飲んだのがいけなかったらしく、胸焼けしてどうしようもなかった。







ジムトンプソンファームのあるコラートの田園風景は美しかった。
こんなところで優雅な老後が過ごせたら幸せだろうと思った。
Related Entries

Comments

Re: イチゴ事業

いちごが本格的に成りだすのは、11月です。
9月に植えて、一ヶ月以上経ってからですね。
今、日本から持ちこんだいちごが花盛りのようで期待しています。寒さを経験せずとも花芽ができているということなので。
ただ、ランナーの発生が乏しく、日本のいちご苗の数は大幅に予想を下回りそうです。

イチゴ事業

もう たわわに いちごの実が成っていると思ってましたが・・・こちらではもう イチゴは見られません。
桃がもう 盛りを過ぎて ハウスの柿の実も 見かけるようになりました。

先週は某海外の親戚家族が日本旅行に来ていて、接待をしていました。
地元の中華料理屋は美味くないというので・・某県へ、へぎそばを食いに行ってきました。
某へぎそば屋は期待通り・・・某海外家族も満足、へぎそばのおみやげを持たせ、更に、日本酒好きの親戚のために某越乃寒梅を持たせて返しました。某海外家族は、その足でお盆の親戚まわりに出かけたようです。
その某親戚は勤め人の経験がなく・・爺さんが金持のようで何十億の資産で食っているようです。
・・・・
・・・・
ともぞうのような、しがない・・・・・・あくせくしていた・・・
リーマンの人生は何だったんでしょう・・・・・と、ふと、思いました。

でわ

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

前途多難

ハムケンさんも苦労が多いですね。相当田舎のようですが、仮に実っても前みたいにイチゴ狩りに来る人いるんでしょうか。そちらが心配です。

田舎はいいように見えますが、不便で老人がのどかに住めるようなところではありません。川で行水して、行き倒れたらそれで終わりというなら別ですが。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる