fc2ブログ

日本の蔵出し中古品が楽しい

カオヤイに2軒日本の蔵出し中古品を売るお店があるが、そこで掘り出し物を探すのが楽しい。

薄くて質の良さそうな湯呑みや小皿を見つけては家に持って帰って使おうとするが、なかなか使う機会がないし、置き場所もなくなってので、北海道フラワーパークの白川郷モドキの内側に飾っている。

大抵は1kg当たり100バーツか150バーツだから高くないので、紛失したり割れたりしても痛くはない。

自分で眺めて実に美しいと思う器もある。有田焼、九谷焼等の良品もある。

ドミニオン ドミニオン

数年前、あれ程騒がれたドミニオンが、情報統制ですっかり隠れてしまった。

米軍が米国CIAと銃撃戦の末、回収したドミニオンサーバーは何処に行ってしまったのだろう。

誰がどう見ても不正があったと思えるあの選挙なのに、不正があったという側が罪を被せられてきた。

それに関し、最近ドミニオンに依る選挙不正の技を情報工学専門家が暴いた内容が、今頃YouTubeに出て来た。

此れはとても貴重な情報と思うので、このブログでも紹介する。

直ぐに消されるかも知れないけれど。

https://youtu.be/vGsNdXj8FwU?si=zFJYse_Qsro__sLc

色彩の共演

何度かフラワーパークに来てくれているタイ女性が、色彩豊かな写真を70枚もMeta Pageにアップしてくれた。

その色彩の共演が物凄く印象的だったので、ここにも載せてみた。

やっとこさいちごが成った

これが昨日今日のいちご園から採れたいちご。

今から一ヶ月が沢山いちごが取れるはず。

しっかりいちごの香りがして、絶対美味しいよ。

ここで採れた新鮮いちごを担当医師らに持って行った。

卒業:限定公開

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

富士山

何時か噴火すると言われる富士山。

帰りの飛行機から見えたので写してきた。

雲海の上に富士山だけが見えるところが、やっぱり「富士はニッポン一の山」だね。

タイに帰ってきた

昨日夕方、タイに戻った。

スワンナプーム空港は旅行客でごった返していて、羽田空港第3ターミナルの100倍の人が居るんじゃないかと思える程だった。

国際的で、大人しくなくガヤガヤしていて、礼儀正しくないが、自由で生き生きとした感じが漂っていて、僕は好きだ。

50列もある入国チェックカウンターは混んでいて、通過に40分掛かったが、空港を出てから200km離れた僕の住むパクチョン市まで、信号機は1つもなく一般道でも100km以上で走れるところも好きだ(マナー悪くて危ないけど)。

自宅に帰り、窓を開けっ放しにして寝ても、風で擦れる葉っぱの音と、鳥の鳴き声しか聞こえないので、気持ちよく眠れた。

朝起きて、いちご園に顔を出すと、いちご園には甘酸っぱいいちごがいっぱいなっていたし、ミニトマトも山程熟していて、僕のタイでの初仕事はトマト狩りとなった。

今日は薄曇りで気温が上がらず午前中は23℃と過ごしやすかった。

千葉の5℃以下の気温は年寄りには宜しくない。どうしても部屋で縮こまって過ごしてしまう。

タイに戻れば、新線ないちごやトマトをつまみ食いしたり、売る為のトマトを10kg程集めて来たり、野菜の下の葉を集めて飼っている4羽のウサギにあげたりして、楽しいし健康的だ。

つまりは、僕はタイのカオヤイで生きていたほうが幸せだということ。

日本帰国の成果

明日、ハムケンはタイに戻る。

一時帰国した主な目的は、

① 妻との離婚協議

② 一人暮らしの母訪問と、介護施設見学

だったが、成績は、①は40点 ②は80点 って感じ。

①については、大筋で合意出来たと思うのは、

調停や裁判は止めて評議離婚にすること

財産分与の最大金額、退職金分割のやり方

の2点。

合意出来なかったのが、離婚時期と財産分与の時期と方法

「今まで放っておいたのに、何故急に離婚を急ぐのか?」と聞かれ、どう答えるのが良いか迷った。

けれど、去年の春に、「妊活を始めたいので離婚したい」と話したことがあったので、初耳ではない筈だが、その後のことは知らないだろう。

帰った日に、娘の孫が4月に産まれると聞いて、どうもタイミングが悪い予感がした。

離婚のタイムリミットは4月末くらいか?

急ぐ為には財産分与で譲るしかないか。

しかし、無いものは出せないので、どう対応しようか冷静に考える必要がある。

因みに、タイで稼いだお金は、会社の物であって、法的にも僕の収入はゼロなので、そこから持ち出すのは難しいし、日本の法律が手の届かないところにある。

上記の他に、我ながら予想外に上手く行ったことは、余り気持ちが昂ることなく、落ち着いて話せたことかな。

② 母は思ったより元気だった。

冷蔵庫を開けると、雪崩の如く期限切れの食料品が落下するのは相変わらずだったが、ケアマネとヘルバーと僕と母の4人で今後の対応について話し合って、当面週1回の身の回り整理と清掃の介助をしてもらう契約を交わした。

母は他人に部屋を片付けられるのが大嫌いで、おまけに物を捨てるのが嫌いなので、今までのヘルバーさんが気に入らずに初めの2~3回で断ってしまっていた。

なので今回は、今の母には介助が必要なことと、勝手に断らないことをよくよく言い聞かせたし、ヘルバーさんには物の置き場所を余り変えずに少しずつ片付けるようにお願いしておいた。先ずはトイレ、洗面所、台所の流し場周辺を綺麗にするよう頼んだ。2ヶ月間程して信頼関係が出来たら母の居場所の周りを片付けだしてもらう。

それから、2階への階段が急で、滑って落ちたら大腿骨骨折、続いて寝たきりになると相場は決まっているので、階段に滑り止めのシールを貼った。

これだけでもかなり滑らなくなった。

写真には写ってないけれど、手すりもある。

大切なことは、2階へ上がり下りするのを最小限度にすること。この点を強く言っておいた。

もっとも、いくら言っても聞かないのが痴呆症の典型だけど。

施設見学はして良かった。要介護3以上の人は少なくて、割と元気なおばあちゃんが多かったのと、思ったより部屋が広くて綺麗で、生活に自由度がある点を気に入って貰えた。

まだまだ11人の順番待ちなので、何時空きが出来るか分からないが、母は「空いたら入ってもいいかな。」と言っていた。

本心なら、大進歩だ。

孫と子:限定公開

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

タネ

僕はタネ(種)が昔から大好きだった。

僕は自分を種無しにしたが、それはとても浅はかな判断だった。

種ほど貴重な物はない。

そのことを一連の妊活で改めて知った。

種又は受精卵の中の情報は、他に代えがたい程貴重なものだった。

受精の際の染色体融合と遺伝子組換えは、成功するのが奇跡な程に複雑で大規模で未解明な世界だった。

24個の受精卵のうち染色体異常がないのは2個だけだった。

植物に関しては良く知らないが、染色体の数は人よりも多いのが普通。

6倍体も珍しくない。美味しいフルーツで、その種から親と同じくらい美味しいフルーツがなる子株が出来ることは先ずない。

野菜にしても花にしても、最近はF1ばかり(一代雑種とか一代交配と呼ばれることが多い)。固定種の種は探すのも大変長く程だ。

つまりは、種こそが大切な存在であるかということ。

今回の日本帰国でこれだけの種を買ってしまったのも、そういう訳だ。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった親父。
タイに来て早10年。挑戦と冒険の心を忘れずに、異国でセカンドライフを謳歌している60代のオヤジです。

カレンダー
12 | 2024/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる