日本短期帰国予定

10月の9日から12日まで日本に帰る。

忙しい時期なので、実質4日間のみ。

目的は、娘の結婚式に出席するのと、年老いて一人暮らしの母を訪ねること。

娘は去年結婚したが、コロナの為、籍を入れただけで結婚式や披露宴はやっていなかった。

けれども、先方の親が結婚式はやって欲しい強く希望するので、大人数ではないが結婚披露宴をやることになった。

とはいえ、親父の僕は出席して大人しく座っているだけ。

野暮なスピーチや、嫁ぐ娘を見て感無量になって涙するのは似合わないのを娘も知っているのだろう。「何もせず座っているだけで良いよ」とのことなので出席することにした。

ただ、新郎のお父さんは花嫁姿を見て大泣きしたいみたいなので、僕もぼうっとしている訳にはいかないかも知れない。

結婚式の翌日は、愛知県の実家に行って、一人暮らしの母の様子を見に行く。娘達の様子も伝える。

そろそろ一人暮らしも難しくなりそうなので、今後どうするかを考えないといけない。

一度くらい新居やフラワーパークやいちご園を見せて、充実したセカンドライフを過ごしていることを見てもらいたいと思っているが、実家とカオヤイ間の送り迎えが必要だし、タイ飯や気候に合うかどうか分からないし、日本語で話せるのは僕だけなので、2週間が精一杯だと思う。無理にタイで暮らさせるのは酷だろう。

誰が何処で母の面倒を診るのが良いか、兄弟や親戚とも相談しないといけない。

今回は、本人の希望を聴いて、様子を診てくるだけになるが、息子や孫が元気にやってるのを見せるだけでもしておきたい。

来年にはマシュマロちゃんも連れて、母と一緒に温泉巡りでも出来たら嬉しい。

バンダが咲いた

花芽が出てきたバンダが急に色付いて咲き出した。

良い色あいだと思う。

つちなしバンダ(パンダ)が放置で咲くのは、流石タイだ。

以前、これを日本に輸入して一儲け出来ないか探ったことがあるが、長年やってる専門家から「売れないから止めといた方が良いよ。」と言われて止めた。

胡蝶蘭は、贈り物やお祝い品として一定の需要があるが、バンダは一部の愛好家だけで、一般受けしないから量が裁けないのだそうだ。

ぼくは好きなんだけどなあ。

薔薇やカクタスにのめり込むのも良いけれど、蘭もマニアックで奥が深そう。

これをフルーツと言うのか分からない

マシュマロちゃんの弟さん夫婦から、チェンマイから送って貰ったというあるフルーツを貰った。

大きさは、長さ12センチくらい。これの左側に対照的な身が着いていたが食べてしまってなくなった。

味は滅茶苦茶酢っぽい。種はなく、シャキシャキした歯触り。

ネットで探したら成っている姿を見つけられた。

この様に2つが左右対照的に突っ張っている。

蔓性の植物で、10メートル級の場所に成るので、簡単には採れない。

栽培している人は居なく、1000メートル級の高地の自然林に生えているそうだ。

滅多に市場で売られることはなく、貴重な北部民族のフルーツとのことだ。

しかし、兎に角酸っぱい。顔を顰めずに食べることなんて無理なくらい。

けれども、酸っぱいけど味や香りは悪くない。

もう少し慣熟するのを待てば、多少甘くなるらしい。

僕は、魚を煮た味噌スープに漬けて食べてみたら、不思議にもそれ程酸っぱくなかった。

こいつを食べたことがある日本人は少ないだろうと思う。

市場で売っているのを見たこともなく、こういうのをフルーツと言うのかどうか分からないが、塩と砂糖を付けて食べれば、忘れられない味になる。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる