始めて見る花達

マシュマロいちご園の現状把握のためワンナムキアオに行って、ついでに地元の花屋に寄ってきた。

ローカルな花屋で、今まで大した花は売ってなかったと思っていたが、新しい庭に植える変わった花は無いかと思って見てみれば、見たこともない花がいっぱいあって驚いた。

しかも安くて、一株150バーツ程。

4~5種類10株程買って2日掛かって庭に植えた。

僕は日本時代は長くガーデニングが趣味だったので、温帯で育つ植物については割と広い知識があったが、熱帯の植物は冬に枯れるので育てられないせいもあって、知らない種類がとても多い。というか、知らない種類ばかりである。

僕は、そのような珍しく綺麗な花を育てるのが好きでたまらない。

分かりやすく言えば、やっててワクワクするのだ。

それで、最近植えた花の名前をグーグルレンズで調べてみた。

Buddleia Davidii

蝶々が集まる花

花はライラックにとても似ているが熱帯性。

Duranta Electa

3m位の高さになるそう。青紫の可憐な花に、黄色の実が沢山なる。

Brasilian plume

同系色のブーゲンビリアの下に植えてみた。

1.5m位のシュラブになるそう。夏から秋まで咲き続けるとか。

Gardenia carinata

長い筒の先にオレンジ色の花

実に変わっている。誰が受粉するのだろうか?

Ixola siamensis

先日、オレンジ色のをアップした。

今は花だらけだが、今後はどうなるだろうか。

Banana Croton

クロトンだが赤が入らない活かした名前のクロトン。

右側の赤い紅葉みたいな葉の植物は、Cranberry hibiscusというらしく、葉は食べられるそうだ。未だ地植えしてない。

どこに植えるのが良いか思案中。

まだまだ、目新しい知らない植物が沢山ありそうで、僕は新居の庭でガーデニング三昧の老後が過ごせそうだ。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる