グッピーちゃん

フラワーパークのお店の裏にある2x4x1メートルのコンクリートの池に鯉を12匹放して飼っていた。

しかし、一時的に水が腐って、4匹死んだ。

だから、今は8匹だが、今は体長が倍くらいに成長した。

けれども、水の濾過が上手く行ってなくて、水は緑に濁って、折角の綺麗な鯉が上から良く見えない。

この問題に、ハムケンは心を悩ませていて、この数ヶ月色々と試しているが、どれも上手く行ってない。

一方、元々妹さん夫婦のいちご園から貰ってきたグッピー10匹を放したが、それが妙に元気に繁殖している。

それが今、何匹居るのか分からないが、子供も入れれば全部で1000匹は軽く超えている。

鯉はグッピーを食べないし、餌も取り合わないので共存出来ている。

それだけの話だが、僕にとってはちょっと違う。

僕は、35年程前に熱帯魚に凝っていた。

グッピーから始めて、変な鼻の知的魚類に惹かれ、次に海水魚の世界に入ったが挫折し、最後にグッピーに戻った。

自分の庭にグッピー繁殖用の大きめの水槽を作って、美しい個体を繁殖させて一儲けすることを夢見ていたが、出来なかった。

それが今、美しい個体かどうかは兎も角、期せずして繁殖池が出来上がった。

8トンタンクなので、30年前の夢よりも大きな池だ。

今後、これをどうするかは分からないが、今後もきっとグッピーは増え続ける。

鯉の方はどうなるか分からないが、マシュマロちゃんは新居にも池を作って鯉を飼いたいと言う。

更に、フラワーパークに大きな鯉のぼりも靡かせたいと言う。

確かに、庭の池の鯉や、鯉のぼりは日本の専売特許だ。タイ人も、それが日本の文化であることを知っている。やれば、北海道フラワーパークの写真スポットになるかも知れない。

ただ、鯉にしてもグッピーにしても、事業に役立つかどうかは僕は余り関心がない。

每日、魚を見て、餌をやって、世話をするのが楽しいだけなのだ。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる