ソフトクリームマシン買ったよ!

昨日は珍しくマシュマロちゃんと二人で休暇を取った。

何処にも出掛けずに、新居でのんびりしていようと思ったものの、働き者の二人は欲しかったソフトクリームマシンを見に行くことにした。

目を付けたメーカーは、サムットプラカーンの海辺、海抜20センチ位の水だらけの場所にあって、行くのに3時間も掛かった。

着いたら狙っていたソフトクリームマシンの新品を出してくれて、セッティングから使い方まで詳しく説明してくれて、それに3時間もかけた。

気に入ったので、説明に使ったマシンを購入して、また3時間掛けてカオヤイに戻って来た。

試食したソフトクリーム自体はそれ程美味しくもなく普通の味だったが、歯触りや硬さ等は満足出来るものだった。

2種類のソフトクリームとそれをミックスした計3種類のソフトクリームが1時間で60 個は作れるようなので、取り敢えず1台あれば何とかなりそう。

ただ、かき氷と同じ様に、きれいな形に盛るのは少し熟練が要りそうだった。

僕らはこれで、

① ラベンダーソフトクリーム

② 北海道ミルクソフトクリーム

③ 上のミックス

の3種類をやってみようと思う。

このマシンは、54000バーツだった。

イタリア製の高級品の数分の1の値段。

取り敢えずカオヤイいちご園で練習して、試作品を売り子やガキンチョに腹を壊すまで食わせてやろうと思っている。

上手く行ったら、北海道フラワーパークの名物アイスになるように頑張ります。

さようなら6年住んだ借家

今日で6年間住んだカオヤイの借家を引き払った。

原状開腹が出来てない部分が多少残っているので、それをどうするかは大家さんと相談だが、全ての家具、ゴミは出して空っぽにした。

もうここに戻ることはないだろうと思う。

6年前、マシュマロちゃんと2人で夢と希望を持ってここにやって来た。

当初は十分に広くて、割ときれいな家に満足していたが、6年もするとゴミと虫だらけになって、心地良くなくなくなってしまった。

でも、今月新居に引越したので、今はとても居心地が良い。

6年間は長かったが、殆ど寝に帰るだけの家になっていたので、あんまり多くの思い出はない。夢を見ても、この家が夢に出てくることはなかったし、これからもないだろうと思う。

今まで、バンコクに1年、ノンタブリに2年、カオヤイの借家に6年住んで、今月からカオヤイの新居に住み出した。と言うことで、カオヤイがタイで断トツに長い。

カオヤイは、気候も良いし、空気は綺麗だし、自然は豊かで、安いタイ飯も高級なレストランもあるので、セカンドライフの舞台としては良い場所だと思う。

最近では、コンビニや大型ショッピングモールも増えて、一層便利になった。

あと何年カオヤイに居るか分からないが、健康でいる限り個々で暮らそうと思っている。

カオヤイに閑古鳥鳴く

1月10日に第一期を終了し、バーベナの花をカットし、宿根アスターとセロシアとコスモスを抜き去り、耕して、新たにブルーサルビアと新セロシアを植え終わって1週間が過ぎた。

花の無いフラワーパークなんて、○の無い○みたいなものだから、お客さんが来る訳ない。

花が無くなって2週間後の今日は、お客さんは100分の1以下に減り、代わりに閑古鳥が来るだけとなった。

当たり前の様で不思議でもある。

人はどうやって現状を知るのだろう。

勿論、FBページを見れば分かるが、そういう人は半分くらい。

わざわざ、タイ南部のハジャイやナラティワ辺りから来て、花の無いパークを見てがっかりする人も多い。

なんとも申し訳無いが、そんなに長く花を咲かせるのは無理なので、ある程度仕方がない。

あと2週間から3週間で再び、そして以前より増して花いっぱいにするから、待っていて欲しい。

それにしても、お客さんが急に増えるのも減るのも、僕には良く分からない現象としか言いようがない。

これが邪悪なFBのせいだとしたら、世も末だ。

鮮やかな黄色の花

この辺り、真っ黄色の花をいっぱい咲かせる気が沢山ある。

こちらは去年も写した葉が出る前に黄色の花がいっぱいになる木。

こんなに黄色が鮮やかな花って、日本に有ったっけか?

ピュア・ホワイト売るぞ

北海道と言えば、真っ白で甘くて、生で食べても美味しいトウモロコシの新品種ピュア・ホワイトが有名なので、我が北海道フラワーパークでも売りたいと思っていた。

こういう新品種は直ぐに海外に流出して安く売られるので、本家の日本産が価格で負けて売れなくなるということが問題とされているが、ピュア・ホワイトもご多分に漏れずタイでしっかり栽培されている。

ピュア・ホワイトの種だってネットで簡単に手に入るし、農家が良く行く種屋にも並んでいる。

けれど、タイで北海道の様に美味しく栽培出来るか不明だったので試して見たかったが、同じコラートで数年来栽培している農家がいて、沢山出来るからうちで売りたいと言って来た。

これが今年の初物ということでサンプルとして持って来たが、実に美しい。食べたら本当に甘い。

去年の末は豪雨で畑が駄目になってしまったということだが、乾季の今は上手く育っていて、来月から大量に持って来れるそうなので、丁度良いタイミングだ。

値段も安く、一つ100円程度で卸せるそうなので、日本のピュア・ホワイトよりもかなり安い。

フラワーパークで幾らで売るかは未定だが、未だ知らない人が多いので、積極的に試食して貰って様子を観たい。

第二期に向けて花は順調

花を全部カットしたバーベナの茎から、新たな緑が伸びてきた。

月末には、緑のカーテンに紫の花がチラホラして来るんじゃないかな。

数日前に植えたセロシアの子株。

根がついて葉が勢い良く展開して来た。

良い感じだ。来月には花が咲き出して、4月のソンクラーン迄咲き続けてくれると嬉しい。

土を良く耕し直して、豚糞を多めに入れて、毎日薄い液肥を上げているので、これからぐんぐん育つと思う。

セロシアとブルーサルビア植えた

昨日と今日で、セロシア(槍鶏頭)とブルーサルビアを植えた。

記録のため。

予想では2週間後に花が咲き始め、4週間後に一面赤と青に染まる。

ノロウイルスか?

先週、友人がフラワーパークに来てくれた時、高いけど美味しい日本食レストランで夕食を共にした。

その夜、友人と別れて家に帰ると、急に胃の辺りが痛くなった。胃がパンパンに張っていて、胃酸が物凄く強く、ちょっとゲップすると酸が食道や喉に逆流して咳き込んだ。

胃も食道も痛くて頻繁に咳き込むので、殆ど眠れなかったが、可哀想にマシュマロちゃんも僕の咳が煩くて眠れなかったらしい。

翌朝、皆が出勤してから1時間程眠れて、少し楽になった気がしたが、洗面所で歯を磨いた時に、洗面器いっぱいものゲロを吐いた。

その直後、今度は便器にバケツいっぱいくらいの超大量の下痢が立て続けに2回。

どちらも殆ど水。

その日は、1日で10回くらいの水様下痢に悩まされた。

汚い話で申し訳ないが、パンツにちびった量も半端じゃなかった。

発熱もあったし、倦怠感が凄かった。

その次の日の朝、大分良くなってフラワーパークに行ってみると、新しいワーカーのガキンチョが草むらで嘔吐しているのを見た。

そしてその日の昼に、今度はゲロを吐いたガキンチョのお母さんが腹が痛くなって病院に行った。そして、入院となってしまった。

その母の診察結果を聞いても、本人が理解して無かったので分からなかったが、医師からは「炎症」と言われたそうだ。

それで、何か共通の感染症の可能性を疑い出した。流行りの感染症といえばコロナで、コロナでも胃痛や下痢の症状が出ることがあるようだが、呼吸器系の症状が全く無くて胃痛や下痢だけということはなさそう。

それから昨日は、いつも元気で良く働く売り子が胃が痛くて休んだ。

いよいよヤバいと思っていたら、今日なんとマシュマロちゃんが吐き気と下痢を訴えて、仕事を早々に切り上げて家に帰った。

今のところ、彼女は思ったより軽症で、夕食は食べられなかったが、僕が買ってきたココナッツ水は飲んだ。

明日どうなるか分からないが、これまでの経緯や症状から推察して、ノロウイルスの蔓延じゃないかという気がする。

幸い今は畑仕事の時期で、お客さんは来ないし、いちご大福も作らないので、僕らのチーム以外に拡がることはないだろうが、チーム内で新たに倒れる人が出てきそうで心配している。

セカンドライフは今のところ「成功」かな

先日、胃痛と下痢で寝込んでいた時、ふと思った。

僕のタイでの第二の人生つまりセカンドライフは、ここに来て「成功」と評価して良んじゃないかと。

アメリカ辺りじゃ、「人生の成功==事業が上手く行ってお金持ちになること」と考える人が多いと聞く。

日本でも、昔は違ったが、最近では同じように捉える人が増えたように思う。

勿論、お金持ちになることは成功の必要条件であって、十分条件ではないと考えるのが普通だ。しかし、僕は必要条件とも思っていない。

僕の第一の人生は大失敗であり、あのまま死ぬ迄生きるのは耐えられなかった。

何故なら、

僕のことを心から愛してくれる人は誰もいなかった。

僕の考えを理解して共感してくれる人も誰もいなかった。

更に付け足すと、ファーストライフの舞台では、

良い仕事に恵まれ、それなりに成果を出しても、派閥や人間関係の力で必ずしも正当に評価されなかった。

上ばかり見ておべっか使いの上手い奴らばかりが上に上がって行き、自分の意見をしっかり主張する優秀な人間がどんどん飛ばされていった。

このような環境に長く居座り、死ぬ迄寂しく暮らすなんて絶対に嫌だと思った。

だから、全部止めてタイに来たのだった。

僕のセカンドライフの目標は幸せに暮らすこと。お金がなくなって生活に困窮してはいけないが、お金や評価の為じゃなくて自分の考えで自分らしく生きること。

そして、こんな自分を心から愛してくれる人と暮らすこと。

それが出来れば、僕のセカンドライフは成功と言って良い。

そう思うと、今のところの話だが、セカンドライフは成功したと思った。

一番大きいのは、マシュマロちゃんが愛してくれていることかな。

ファーストライフが大失敗した原因や責任は自分にあるので、セカンドライフでも今後どうなるかは分からないけどね。

今のところの自己満足。

これを幸せと思わなかったら、ど阿呆でしょう。

90日レポート出し忘れ

ちゃんと自分の日程表に90日レポートの提出期限を記入していたのに、年末年始でぼーっとしていたのか、期限切れ13日後にやっと気が付いた。

しかし、その時は胃痛と下痢でダウン中。

本日、体調も大分回復してので、コラートのイミグレの行ってきた。

90日レポートの受付け場所にはイミグレ職員以外誰も居なかった。

待ち時間ゼロで、もう顔見知りになった90日レポート受付女性に、

「90日レポートに来ました。だけど2週間以上オーバーステイしちゃいました。」

そう言ったら、横の方に隠れていた制服組の男性が立ち上がって、

「ちょっと、後ろに来て話しましょう。」と言う。

話を要約すると、

こういう場合、通常は向こうの事務所に行って書類を書いて貰って、2000バーツの罰金を頂くことになります。時間も少し掛かります。しかし、それが不便であるならば、ここで1000バーツ払えば、それらをすることなく、直ぐに90日レポート提出済みの書類を作って上げます。」

とのこと。

要するに、袖の下で対応してくれるということ。

袖の下は、けしからん風習だが、費用も時間も短縮出来るので、僕にとっては「不便じゃない」。

こうして、1000バーツ払って2分で90日レポートが完了した。

その制服組が言うには、オンラインでの90日レポートも新しくなって、今はちゃんと使えるようになったと言う。

これまでも、使えると言って使えなかったので信用出来ないが、読者で使えた人がいたら教えて欲しい。

僕の場合、今日から95日後にビザの期限切れとなるので、ビザ更新にイミグレに来なければならず、その時同時に90日レポートが更新されるので、次回はオンラインではやらない。

因みに、お金を払ったお陰なのかどうか知らないが、次回90日レポート期限もビザ更新日と同じ95日後にしてくれていた。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる