高価なココナッツ細粉

今年はどう言う訳かココナッツ細粉が高い。

でも、どうしてもいちご園で必要になるので、仕方なく買った。

ココナッツ細粉1袋60バーツを500袋。去年は40バーツだったと思うのに。

カオヤイ用に300袋。ワンナムキアオ用に200袋。30000バーツ也。

それだけじゃない。タイの南方から大トラックで運んで来るのだが、その運送料が7500バーツ。

雨に当たると、水を吸って重くて運べなくなるので、雨を防ぐ為のビニールシートが約2000バーツ。

合計で、凡そ4万バーツ(約14万円)。

お金がどんどん減ってゆく。









まだ豚糞も買わなきゃいけない。



2階の基礎梁作りに入った。

この頃、忙しくて、余り我が家の新築状況を見に行く時間が取れないが、週一位で検査に来る建設業者から写真が送られてくるので状況は分かる。

建築士がちゃんと寸法や角度等をチェックしているようだし、今までに設計と異なる部分は見つけてないので、かなり安心出来る様になった。















2階(実際は1.5階)の基礎梁と、玄関先の階段作りの作業に入ったようだ。

1階も思ったより高く、東側の高級宅地がよく見える。

僕らの寝室が入る1.5階は、地面から2.8メートルの高さだし、盛り土の効果もあって、周りより3メートル以上の高さになるし、高級宅地からは5メートルも高い位置になるので、抜群の見晴らしが確保されそう。


将来、高級宅地内の近くに家が建っても、圧迫された感じはしないだろうと想う。

3階建て以上のコンドミニアムでも建ったらがっかりだが。

バーベナと宿根アスターの苗が凄い

タネの発芽処理方法が分かったお陰で、前期に大量に集めたバーベナの種から、無数の子苗を得られるようになった。

マシュマロちゃんや、住込みワーカーの女達が来る日も来る日も頑張ったので、今では苗が幾つ出来たのか数え切れない程だ。

彼方此方で育てているので、ちゃんと数えたことがないが、100ウェルのプラグトレーが400枚以上あるので、4万株ということだろうか。










これだけあれば、広いフラワーガーデンのかなりの範囲を埋め尽くせる。

この花の苗を作るのは結構難しいので、余ったら、ポット苗にして売ってもいいかもしれない。
前期のいちご園で、多くのお客さんから苗を売って欲しいというリクエストがあったので、実際に売れそうな気がする。

まだまだ種からの発芽が続いているので、苗は作ろうと思うば、さらに倍くらい出来ない事はない。しかも、種もまだ半分しか使ってない。



こちらは、タイ人がマーガレットという宿根アスターで、60ウェルのトレーが500以上あるから、3万株ということか?

こちらは、渥美半島で見られるような電照栽培をしないと、シーズン前に咲いてしまって、それまでということが分かっている。

電照は7月から10月位まで行えば、年末年始のシーズンに大きく育ったスプレー状の花が咲き誇って、それはそれは綺麗だが、今期僕らはそれが出来ないので、多分11月で終わると思う。

その頃、バーベナを植えると、2月には花盛りのバーベナ畑になるので、それで良しとするしかない。

来期、お金があったら、LEDで電照栽培をやってみたい。

まだ蒔いてないが、今後セロシア、サルビア、コスモスを大量に蒔くつもり。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる