バーベナの発芽抑制

毎年、僕が丹精込めて採取したバーベナの種が余り発芽しないと言うことで、マシュマロちゃんは僕の種を捨てて、一粒2バーツもする種を購入して蒔いていた。

2バーツと言っても、2万粒も買えば4万バーツにもなるわけで、止めて欲しかったが、買った種は発芽率は7~8割に達したし、蒔いてから5日から一週間でほぼ発芽した。

これに対して、僕が採取した種は、発芽率は5%に遠く及ばず、ひょっとしたら1%以下だったかも知れない。

この大きな差は、僕の採取した種が良くなくて、殆ど死んでいるからと思っていた。

だけども、毎回数万バーツも使って欲しくなかったので、今年はワーカーにも苦労してもらって、数十万或いは数百万粒もの種を集めた。

とても良い状態の種を丁寧に集めたはずなのに、蒔いてから2週間経っても発芽したのはこのざまだった。



流石にこれはおかしいと気付いて、遅ばせながら始めてネットでバーベナの発芽について調べてみた。

そうしたら、バーベナの種には発芽抑制成分が付いているので、これを取り除かないと発芽しないと書いてあった。あちゃ~!?

野生の種は、バーベナに限らずこういう発芽抑制があるのは普通のこと。何故、バーベナがそうだと気付かなかったのか。

高いお金で買った種が直ぐに発芽したのは、種苗会社が発芽処理を施してから販売していたのだろう。

野生種の種は温度や水分や日照等、複雑な条件が揃って始めて発芽サイクルが始まる。

蒔いたら直ぐに全部発芽してくるのは栽培種だけだ。

それで、僕は実験的に、頑張って集めたバーベナの種を界面活性剤入の水に漬けて3日置いておいてみた。すると、赤い色素が染み出してきた。どうもこれが怪しい。この種を蒔いてみると発芽してくるではないか。

そこで、冷蔵庫で界面活性剤漬けにした種を一日2回濾過して洗い、それを4~5日続けてから、綺麗に洗った種を軽く乾かし、それをココナッツ粉砕培地に蒔いて光に当ててみた。

そうしたら、2週間後には大量に発芽してきた。





バーベナ畑の地面には、数え切れない程の種が落ちている筈なのに、今日時点で全く発芽していない。それが、10月下旬頃になると、地面にはバーベナの小苗でいっぱいになる。

こういう現象を知っていたのに、どうして今まで気付かなかったのか?やっぱボケたのか。

更に分かったのは、ネットでは発芽に光は邪魔と書いてあったが、逆に強い日光がないと発芽して来ないことも見付けた。

まだ集めた種は大量にあるので、もうこれでお金を使わなくても、幾らでもバーベナの苗が作れる。

広いフラワーガーデン予定地を埋め尽くす程の花園を作ることだって出来る。

去年、頑張って種を集めた甲斐があった。



訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる