トイレでウンチが流れないという恐怖

先週までに井戸からトイレまで水が来るように繋がったので、あとは便器とお尻を洗うハンドシャワーとシャワーとドアを付けるだけで完璧にトイレが使えるようになると思っていた。



僕らの借家で遠慮がちに生活していた住込みワーカー一家は、遠慮なく気儘に過ごせるフラワーガーデンに作った掘っ立て小屋に早く引っ越ししたくて、トイレの完成を待たずに借家を出て行ってしまった。

ところが、水はしっかり出ても、便器のウンチが流れて行かないという恐ろしい事実が判明した。

少量の水なら流れて行くので最初は気付かなかったが、大量の水を流すと、至るところから水が逆流して溢れて来た。

どうも、ウンチ下水の何処かが詰まっているらしい。

でも、何処にその流路があるのか分からない。

あっちこっち掘り起こして、一つ下水流路を見つけたが、それは便器からのウンチ水ではなく、便器外から(手洗い等)の汚水の流路だった。

掘っても掘っても見つからないので、土地のオーナーに数年前にこのトイレを作らせた技術者を呼び出して貰い、ウンチ下水の流路を教えて貰った。

そこを掘ったら、見事に4インチ径の塩ビパイプが出て来たが、その上に木が生えて10メートルの高さに聳え立っていて、その根の力で塩ビパイプが潰れていた。その木はトイレを作ってから育ったらしいが、太さ20センチにもなっていて、人力では取り除けない大きさになっていた。

いろいろ実験した結果、その潰れた部位を迂回した形で新しい経路を創れば、汚水は流れて行くことが分かった。

つまり、このように作った。



やってみれば簡単だが、土の下の見えない配水管の何処をどうすれば良いのかを見付けるのは大変な作業で、男二人で3日間も費やしてしまった。

このトイレを作った技術者から直接話を聞けなかったら、多分解決出来なかっただろう。

トイレは、前方のトイレだけで男女併せて6室(プラス男性小便用4つ)あるが、今日使えるようにしたのは1室のみ。

これで住込みワーカー一家4人の生活と僕のウンチは出来る様になった。

お客さん用のは開園迄にやれば良い。一気に全室揃えても、お客さんが来なければ無駄になるので、初めは3室くらいで様子を見るかも知れない。

井戸水の自動給水が出来たので、押せばタンクから勢い良く水が一定量出てウンチを流し、その後自動的に一定量の水を溜めるという、現代社会では当たり前の水洗トイレにしたい。

愛犬ベリー動物病院に行く

ベリーに手持ちの人用の抗生物質を一週間飲ませても、熱は下がっても目やにと咳は止まらず、ご飯もろくに食べられない日が2週間も続いている。



マシュマロちゃんが、
「このままじゃ、ベリーは死んじゃうから、病院に連れて行かないと駄目!」
と強く言った。

ベリーは僅かながら回復傾向にあったので、医者なんか不要と思っていたが、ちょっと回復が遅過ぎる。

僕の与えた薬は、読者からのコメントに依れば効き目が悪いそうだが、2週間良くならないのは流石にヤバいと感じて、今日犬猫病院に連れて行った。

行ったのは、まだ出来たばかりの病院で、僕がタイにて始めて行った動物病院だが、若い女医師はベリーに優しくしてくれた。

症状を聞くなり、直ぐに診断が出た。
犬に流行っているウイルス性疾患だった。
特に今年は、この辺りで流行っているらしい。

ウイルスの名前は聞いたが、タイ語だったので覚えられなかった。コロナウイルスに似ているらしいが、人には伝染らないとのこと。

僕も手で鼻くそや目やにを取ってあげていたし、薬を飲ませる為に喉チンコの奥まで指で薬を突っ込んでいたので、「中共コロナだったら嫌だな」と思っていたので安心した。

がっかりしたのは、このウイルスに効く薬はないので、対症療法で自力回復するのを待つしかないらしい。

そして、回復には通常何と1ヶ月から2ヶ月も掛かるとのこと。じゃ、まだひと月以上病気が続くってことか?

眼や鼻に二次的な細菌感染が出ているので、病院で抗生剤は処方されたが、ただのアモキシシリンだった。

でも、目やにを取って目薬刺してもらい、炎症を下げる薬と抗生剤を注射してもらったので、一応自己満足した。

約1000バーツも掛かったが、状況が把握できたので良しとした。

ああ、可愛そうなベリーちゃん。でも、ウイルスじゃ医者も手を打てない。

僕は今まで何匹かワンコを飼ったが、こんな病気を見たのは始めてだった。

日本でも普通にあるウイルスなんだろうか?

ベリーにはフィラリアとノミと狂犬病の予防しかして来なかった。

日本でブラックレトリーバーのツバキちゃんを買っていた時は、病院で何か知らない混合ワクチンも打ってもらっていたかも知れないが、何のウイルスだったか記憶に御座いません。

僕にどんな時も尻尾を降ってくれるのはベリーしかいないので、死なれたら悲し過ぎる。

今日、ベリーは魚と豚を煮たのを少し食べたので、きっと明日にはもっと良くなってくれているだろうと思う。

アビガンとイベルメクチン入手

日本では何故か承認されないアビガンだが、この度、中共ウイルスの増殖を直接抑えるアビガンとイベルメクチンをインドから入手した。

インドでの世紀末的感染爆発の後、急速に死者が減少したのは、アビガン、イベルメクチン、ヒドロキシクロロキンによる治療が功を奏したと推定されている。

ハムケン一家は、未だに中共コロナワクチンを接種していないし、予約もまだない。
中国製ワクチンなんか死んでも受けたくないし、他社製のワクチンが何時から受けられるのか、この田舎では未だ情報なしだ。

おまけに、次々に変異してゆくコロナウイルスに何処まで有効か不透明でもある。

だから、万一感染したら、自分で対応して命を繋がないといけない。

そう思って、これまでに、デキサメタゾン、動物用イベルメクチン注射薬を購入してあったが、今回所謂アビガンFavipiravilと人用デキサメタゾン錠剤をインドからタイに個人輸入した。



ヒドロキシクロロキンはマラリアの薬なので、多分タイにもあるだろうし、作用機序がいまいち分かりにくいので、今回は止めておいた。

ヒドロキシクロロキンは中共の幹部たちは全員秘密裏に投与しているらしい。

因みに、送料30USDとpaypal手数料10%がもの凄く高いのでボラれた感はあるが、薬剤の単価は激安なので、大量に買えばトータルで安いし、注文から一週間で関税なしで到着するので、便利なのであった。



こういった薬は、実際に自分やマシュマロちゃん等が感染し、症状が出だしたら、命を救うために自己責任で投与するものであって、感染がなければ使わない。

イベルメクチンとデキサメタゾンくらいは、他の病気に使うかも知れないけど。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる