オー!マイ・ベリー 大丈夫か?

僕のタイでの心の友は、多分愛犬ベリーだけだ。

彼女だけが僕の日本語を聴いてくれる(意味は分からないだろうが)。
彼女だけが、決して僕を裏切ったりしない。
何処でも、どんな時でも、何時でも僕が大好きみたいで、尻尾フリフリ 舌ぺろぺろだ。
そんな人は人間には居ないので、ワンコのベリーだけだ。

そのベリーが病気になった。


痛々しいベリーちゃん。ああ、可哀想。
鼻が膿で詰まってる。


一週間前から、お目々が腫れて目やにが増えたが、3日ほど前からは鼻から膿が出て、それが固まって息がしにくくなった。

彼女が僕を舐めると、口が熱い。多分41度位熱がある。

犬用の薬は持ってないので、体重20kg程度のベリーにはかなり過剰量かも知れないが、人間用の抗生物質を毎日一錠3日間飲ませた。

ワンコに薬を飲ませるのは簡単で、口を開けて指で錠剤を喉チンコ辺りまで押し込んでやれば、あとは反射的に飲み込んでしまう。

昨日から少し元気になった気がするが、ご飯をもう3日も食べてない。
それから、鼻が詰まったままだ。
でも、今日は昨日より良くなって来た気がするが。

何時もベリーに優しくないマシュマロちゃんも、ベリーが死んじゃうんじゃないかと心配のようだ。

多分、風邪みたいなものだと思うが、今まで余り病気らしい病気をして来なかったので、異常事態であえることは確か。

ワンコが中共コロナに感染する話は、猫と比べてあまり多く聞かないから心配はしてないが、ベリーのくしゃみで飛んだ鼻水が僕の顔に掛かった時は、コロナじゃないにしても良い気はしない。

それにしても、僕は生まれてこの方、ワンコには愛されるが、人間には長くは愛されない性格らしい。

散水方法の検討

いちご園では、スプリンクラーを使ってバーベナやコスモス等の花に水やりしていたが、フラワーガーデンでは花園の規模が大きく経費が掛かり過ぎるのと、花には水を掛けたくない場合があるので、別の散水方法を考える必要がある。

そのうちの最有力候補は、ワンナムキアオのレースラベンダー園を見て知った。
その後、YouTubeで勉強したところ、使えそうだった。

要は、ポリエチレンチューブに小さな穴が空いていて、そこから水を吹く出すというシンプルな方法。







1インチのチューブに穴が5つ空いている場所が20センチ毎にある。
水圧と水量が確保できる大き目のポンプと、穴が詰まらない不溶物の少ない綺麗な水があれば出来る(今は両方とも無いけれど)。

コストも200メートルで500バーツ程度と安い。

僕らの水源ラムタコーンの水は雨で濁っているが、それほど泥は含んでなさそうだったので、55メートルでテストしてみた。







上手く行っているようだ。

水は細かな水滴となって、上方法と左右の方向に1メートル程飛散した。

チューブの長さは55メートルあるが、手元と奥で水量や飛散距離に差はない。

1時間ほど散布したが、今回は穴が詰まることはなかった。

問題は、水の砂や泥の除去。それが出来れば大丈夫そうだ。

砂や泥でウォーターシステムが詰まり、上手く水やりが出来なくなるのは、いちご園の悩みだった。
泥砂の除去方法が別れば、いちご園にも応用出来るので要検討事項。


訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる