涙無しで見られない

香港頑張れ。香港は絶対負けない。

酔っ払ったハムケンは、このニュースで涙が溢れた。

ハムケン探偵が言うには、習近平政権はまもなくクーデターで内部崩壊する。





やるぜ!フラワーガーデン

いろいろ悩んだり、眠れなかったり、喧嘩したりしたが、
「やりたいなら、ともかくおっぱじめよう」
と決めて、本日土地の賃貸契約を交わして、賃料を払った。

オーナーは、契約書の用意などして来なくて、
「契約書なんか要らんだろう。金払ってくれたらそれで良い。」
と言ったが、良く知らない相手と流石にそれは不味いだろうと思い直して、マシュマロちゃんのIDカードとタビアンバーンのコピーに、手書きで要点だけ書いて、署名して契約書とした。



条件は、
① 全部で25ライ(横90メートル 縦450メートル)
② 賃料は年間200,000バーツ
③ 敷地内に現在ある物(家、プール、お店、井戸、電気設備など)は自由に使って良い。
④ 期間は無期限(10年でも使って良い)
⑤ 敷地の又貸しは禁止
⑥ 賃料は、初年度だけ250,000バーツ。そのお金で、オーナーが草木を覗いて畑に出来るような平らな土地にする。(5万バーツ以上掛かりそう)
⑦ 初年度の税金はオーナーが払う。次年度以降は僕らが払う(フラワーガーデンならとても安い)。

とまあ、こんな感じ。

1ライ当たりの年間賃料は1万バーツ以下なので、メイン道路沿いにしては高くない。

ただ、多分25ライも使い切れないので、結局は安くないかも知れないが。

余談だが、オーナーは数日前迄、僕が日本人とは知らず、知ったら妙にエキサイトしていた。彼は日本に何度も来ていて、日本食が好きそうだった。特にラーメン。

日本の大型クレーン機の会社と組んでいるらしい。

日本食レストランを一緒にやりたいと言い出した。(僕は、B級日本食の作り方なら口出し出来ても、レストラン経営は興味ない。)

背後の山

何もない。山の手前にラムタコーンという沢がある。



今日、早速大型車が複数入り込んで草木の除去を始めた。

来週末には、スッキリ整然とした土地になるんだそうだ。

なんか、新たな世界が広がりそうな気配。

最後のかき氷器

かき氷は利益率が高いし、何処か長閑で懐かしい感じがするので、何時かやってみたいと思っていた。

そしたら、懐かしの古い手動かき氷器が1台だけ売られているのを見つけた。

なかなか良い作りだ。

確か2000バーツ強だった。

欲しいと思ったが、本当にかき氷をやるのか(しかも手動で)自信が無かったので、理性が働いて買うのを止めた。

次にお店に行った時に、売られて無くなっているのを見て、きっと悔しい思いをするんだと思う。

飾り物として買っておいても良かったかも。

こんな機械は、日本でももう珍しいんじゃないかな。

いちごの種蒔き2

5月29日に蒔いたいちご品種96番が今日発芽始めた。






通常、一週間から2週間程度発芽まで要するので、今のところ通常通りということ。

これまでいろんな方法を試したが、発芽まで時間が掛かるので、その間にピートモスから藍藻類が繁茂したり、寒天培地にカビが生えたりして、得られる子株が少な過ぎたが、今回の方法はどうだろうか。



培地も水も無菌に近い物を使い、雨と直射日光を避けているので、このまま後2週間位で沢山双葉が出来ると良いのだが。

今期は、この96番と88番を上手く育てて、差別化に挑戦したい。

エンジンポンプ

いちご園では、電動モーターのポンプを使っていた。

長さ400メートルの畑まで水が送れるし、高さ40メートル迄でも組み上げられる。

ポンプ本体から遠い畑やお店からでも、スイッチ一つで動かせるので便利だ。

ただ、距離や高低差が大きくなると、電気を食う割に水量が頼りなくなる。

実際馬力数も1.5か2馬力くらいだ。

これに対して、エンジンで囘すポンプは5馬力でも8馬力でもある。

実際、水源から400−500メートル離れた広い畑に水やりするとなると、そのくらいの馬力が欲しくなる。

ただ、オンオフの度にポンプ迄行かなきゃならない。

毎回の様に給油が必要となる。

音が煩い。

という欠点があるので、今までは敬遠していたが、フラワーガーデンをやる為には良いかも知れない。

長い電線を引かなくて良くなる。これはコストダウンになるし、毎月5000バーツ超えの電気代を節約出来る。
毎年のような電線の修理も不要となる。

ポンプと畑の距離が長ければ、騒音も気にならない。ポンプの近くに人が住んでなければ、ポンプの騒音は問題にならないだろう。

それで、お店でいくつか製品を紹介してもらったところ、思ったより良さそうなのを見つけた。






もっとずっと安いのもあるが、こいつはスイッチ1つで起動出来る。いちいち力を込めて手動で起動させなくてよい。

500メートル離れたスプリンクラーも楽に回せるらしい。

65メートル迄揚水でき、負荷がなければ一時間に30トンの水を運べる様だ。(僕のモーターポンプは、一時間で10トン以下)

どういう方法で、どの位の広さを同時に散水するのか次第だが、何だか強力そうだ。

ただ、自分はエンジンポンプは一度も使ったことが無いので、電動モーターと比べてどんな問題があるか誰か教えて下さい。

価格は20500バーツで、ちと高いが、電動モーターでも8000バーツ位するので、どうなんだろう。電線のコストプラス電気代と、ディーゼル燃料の費用と比べてどうなんだろう。

今日も美味しいゆで卵

飼っている鶏の雌が5羽になってので、この頃、連日のように卵が取れる。

普通の鶏の卵よりひと回り小さいが、味が濃くて美味しい。







相変わらず、時々こんな小鳥の卵みたいな小さなのが交じる。今日は特に多かった。

この卵には黄身がいない。少女が産んだ卵なんだろうか?

雛達も育って、大人顔負けの大きさになったので、そろそろワーカーのおかずになってもらおう。

身は少なく硬いが、味は濃くてこれまた美味しい。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる