子供を作りたくなった理由

マシュマロちゃんと知り合った時、彼女は未だ24歳だった。

しかし、今はもう30歳。あと5ヶ月で31歳になる。

知り合った頃は気付かなかったが、彼女はとても子供好きだ。

親類の子供か、他人の子供かには関係がない。

FBで誰かの子供の可愛い動画、おかしな動画を見付けると、凄く興奮して何度も観て笑う。それから、

「観てみてこの子、こんなに可笑しい。」と必ず僕に見せつける。

妹や兄の夫婦の間に出来た子供たちなどは、可愛くて仕方ない。会えば必ず親から子供をぶん取って抱き抱える。

住込みワーカーの胃のない胎児TJもとても可愛いがる。

人の子の為に、何着服を買ったか分からない。

お菓子作りも子供達に上げたいからやってるんじゃないか?

とにかく、僕は今まで彼女ほど子供が好きな女性を見たことがない。

けれども、不運なことに、子供ができないジジイを好きになってしまった。

僕が子供ができない、つまり不妊手術(タイ語でผ่าตัดทำหมันまたは単にทำหมัน タンマン)していることは当初から知っていたので、「僕に子供を作ってくれ」とか、「子供が欲しいからなんとかしてくれ」とか言ったことはないが、本当は欲しくて仕方がなかったと思う。

僕は、そもそももう子供は要らないと思って不妊していた訳だし、もう先が長くないかも知れない60歳を超えて子供を作るなんて非常識、無責任だと思っていた。

仮に来年子供が出来たとすると、子供が成人する時は81か82歳になっている訳で、がんか何かで死んでる可能性だってある。

もう会社勤めは終わっているので、養育費だって大いに不安だ。

そんな責任持てないようなことをしたら、彼女や子供を不幸にするだけで、まともな人間がすることじゃない。

そんなふうに考えていた。

だけども、彼女が子供を持てた場合と持てないまま人生が終わる場合と、彼女は何方が幸せだろうかと問えば、明らかに子供がいた方が幸せだと思えるようになった。

タイの田舎では、日本と違って子育てにそれ程お金はかからない。場合によっては、僕の少ない年金だけでも生きて行ける。教育費だって、彼女の親はマシュマロちゃんの小学校から大学まで一銭も払ってないが、公費でちゃんと学べた。認知すれば、今どきの日本なら高校まで行かせて貰えるかも知れない。

彼女の親戚で大学まで言ったのは彼女だけで、他は高校までか高校も出ていないが、ちゃんと良い人生を送っている(稼ぎは悪いけど)。

普通に若くして子供を持っても、早くして病死や事故死することもあるし、離婚して離れ離れになってしまう事もある訳なので、余り将来のことを考えても仕方がないかも知れない。

それより、今この時を幸せにしてあげたいと思うと、やはり子供を持った方が良さそうだ。

自分では、自分のDNAが良いとは思ってなく、どうせなら別の良いDNAを使いたいところなので、彼女に浮気でもしてもらえば良いが意外と簡単じゃない。

医者の力を借りて他人の精子で体外受精するとか、精子バンクや善意の提供者から生きの良い精子を貰って(買って)使うことも考えたが、法的にも精神的にも問題が多くて簡単じゃなさそうだった。

因みに、タイでも日本でも、法的な配偶者間でない精子を不妊対策として病院で使うことは、法律でも学会でも許されていない。

(タイで、いろんな女とやりまくって10数名のガキを作った日本人もいるが)

それに、子供の話をしたら、驚いたことに彼女は、

「あなたの子供が欲しい。」と言った。

何故かと聞けば、

「あなたは私より鼻が高くて、髪の毛が多くて、私より性格が良いから。」からだそうだ。訳が分からんが、僕の精子が良いのだそうだ。

そんな訳で、僕の精子で子供を作ることに挑戦してみることにした。

子供が出来れば、彼女は子供に夢中になって、僕などほったらかしになること請け合いだが、毎日笑顔が溢れる生活になりそうだ。

子供がいれば、仮に僕がくたばっても彼女は独りにならずに住む。運が良けりゃ、将来子供が彼女の面倒を見てくれるかも知れない。

いちご園との両立は簡単じゃないが、妹さんも産まれて半年の子供を連れて僕らいちご園に来て働いた訳なので、出来ないことはない。

僕自身も、まだまだくたばれなくなるので、健康に留意し、しっかり働いて、第二の人生にいっそう張り合いが出来るだろう。

玉が2倍に

俺様の黄金の玉が、手術後腫れて、大きさが倍くらいになった。

玉袋も膨れて、下に垂れ下がるのではなくて、上の竿に風船の様に膨らんでくっついている。

だけども、切った部分は閉じて塞がったらしい。

医師は、

「この絆創膏は濡れても剥がれないから、今夜からシャワーを浴びられる。1週間経ったら、引っ張って剥がしてくれ。」

と言ったので、僕はたいそう良い器具を使ってくれたんだと喜んだが、手術翌日の初のシャワーで剥がれ落ちた。

自分でティッシュにヨードチンキを付けて、工事用の紙テープで貼り直して寝たが、それも半日で取れた。

汗はかくし、袋は縮んだり膨れたりするので、どだいテープなんて無理なのだ。

黄金の玉と袋は腫れてデカくなったっが、痛みは引いて来たので良しとする。

ついでに竿もでかくなってくれれば良かったが、相対的に余計縮んだみたいだ。

カオヤイは観光ラッシュ

旅行解禁となったのに加え、カオパンサーの4日間の休暇で、カオヤイは観光客で大賑わい。

開いているレストランやカフェは、ドコモ超満員で駐車場のスペースすらない。

目の間の道路は上下とも車で一杯。多分、先月よりも100倍多い。

おそらくは、非常事態宣言下でモジモシしていた多くの人達が、やっと旅行やドライブで出来るようになって、身近で来やすいカオヤイに押し寄せたのではないだろうか。

今日は行ってないが、きっとカオヤイ国立公園も観光客で溢れていることだろう。

それなのに、オイラのショップは閉じっぱなし。

頑張って開けば、運が良けりゃ粗利益率ゼロくらいまで売れたかも知れないが、先月の余りの酷さに打ちひしがれたのに加え、先日の手術で未だお股を大事にいたわってやる必要があったので、このところお店は閉めたままにしていた。

マシュマロちゃんが言うには、

「いちごも花も無いいちご園には誰も来るわけ無い。」

そう言って、全く手伝ってくれなかった。

だけど、コーヒーしかないコーヒーショップはお客さんだらけなのである。

僕のショップは、コーヒー以外にも、お菓子類だって作ればあるし、ワインや乾燥いちごや、いちごジャムだってある。

けど、それを伝えるのは簡単じゃなく、車はみんな何も無い思って通り過ぎて逝く。

妹さん夫婦がやることがないから娘を連れて借家に遊びに来たが、チョコレートブラウニーを作っただけで帰って行った。

カオパンサーの連休が終わったら、ワンナムキアオの住込みワーカー用の家を作り直しに行くつもりだが、どうやって作ろうかネットで調べてはうたた寝するような一日だった。

St.Mary's Hospitalに決めた理由

前の記事で、セントマリー病院と書いたが、ネットでの表記はセントメリー病院だった。

同じ名前が世界各地、日本各地にあって、日本では聖マリア病院と言われるし、聖マリアンナ医科大学は聖マリと言うが、これらがどういう関係なのかは知らない。

タイ語では、センメリーと言う(訳者注:カタカナじゃん!)。

名前はどうでも良いが、ナコンラチャシマではかなり高級な私立病院である。

ウィキペディアに依ると、

[セントメリー・ナコーンラーチャシーマー病院(以下、セントメリー病院)は非営利の私立病院であり、カトリック教会ナコーンラーチャシーマー教区ナコーンラーチャシーマー教区司教委員会によって運営されているベッド数150床、ICU(集中治療室)はあるが、CCU(冠状動脈疾患集中治療室)はない。小児科医、産科医も常勤でいる。CT装置があり、血液透析も可能]

へえー! 非営利団体の経営だったんだ。今の今まで知らなかった。

けど、公立病院よりも大分高くて、バンコク病院ラチャシマよりは安そうな感じだった(訳者注:絶対に安いに決まってる。)

さて、今回セントメリー病院を選んだ理由は

① バンコク病院ラチャシマと他の産科不妊治療病院に問い合わせたところ、パイプカットした精管の再結合術を担当する医師名が、どこも同じだった。これについては、その医師(K先生にしておこう)に直接聞いたところ、「この辺じゃその手術する人少ないんですよ。」とのこと。

そもそも、タイでは不妊手術は女性にすることが多いらしい。パイプカット自体が少ないので再結合術も少ない。その医師自体、再結合術は年に数例しか経験がないそうだ。しかも、顕微鏡下の手術でない。

「なんだ駄目じゃん。」と思った。

いくつかの病院を当たったが、執刀医師はK先生と他に1名だけしか見つからず、英語が話せて、僕の質問にちゃんと答えてくれたのはK先生だけだった。

バンコクの超高い私立病院には、顕微鏡下で手術するところもあるので、そちらにするかK先生にするかしかなかった。

バンコク病院は、ずっと高いくせに、ナコンラチャシマーでもバンコクでも顕微鏡下ではなかった。主に外国人が利用するような超高級私立病院は、10倍近い料金になりそうだった。

見積り価格は、セントメリー病院でK医師にやってもらうのが一番安かったのだ。

そうすると、問題は顕微鏡下と目視とで、成功率がどのくらい違うのかが知りたいところだが、ネット上でも答えは見つからなかった。K先生は顕微鏡下でしたことがないので知らなかったが、K先生自身の目視での経験から、自然妊娠に至る確率は、「50%か60%位かなあ。」

「なんだ、悪くないじゃん!」と思った。

細かい手術ながら、血管を繋げるようなものなので目が良ければ案外できるもんなのかも知れない。

精子が通る穴がとても細いので、穴と穴がずれたら繋がらない。この辺り、K先生に目視でどうやるのか聞いてみたら、「その穴に細いチューブ挿しておいて精管を4箇所縫う。縫い終わったら、さしておいたチューブを抜き取る。」のだそうだ。

成功率を気にする僕に、K先生は、

「妊娠するかどうかは女性側にも依るので予想は難しいけど、パイプカットして25年になる60歳の白人を繋げたけど、子供が生まれたと言って子供見せに来たよ。」と言った。

仮に顕微鏡下より成功率が2~3割悪いと仮定すると、思ったより大きな差じゃない。

それに比べて、価格の差は絶大。

お金がないので、僕には価格差は超事項重要。高けりゃ今はやらないという選択しかない。

以上から、やるならセントメリー病院のK医師による目視術が妥当な選択かなあと思った。

② 病院の雰囲気が良い。

セントメリー病院は、1958年開業のとても古い病院で、建物の中もやや古めかしいが、清潔で病院スタッフの態度が宜しい。

特に、女性スタッフや看護婦が綺麗で、身だしなみが清楚で、話し方が優しく丁寧だった。しかも、英語が話せる率が高い。バンコク病院ラチャシマより良い感じで僕は気に入った。(実はこれが決めて!?)

患者さんの数もそれ程多くなく、殺伐としてない。(公立病院はどこもところ狭しだ。駐車場すら足りない。)

セントメリー病院には、日本人はまず居ないし日本語通訳もいないが、英語が使えればなんとか用は足せる。(地方は英語も通じない病院が一般的だが、それだと外人には使えない。)

因みに、日本の私立大学病院で二泊三日で顕微鏡下術を行うと、精子検査を含めて、130万円位かかる。

銀座の専門病院で日帰りで顕微鏡下の手術をすると、精子検査なしで70万円。

セントメリー病院で一泊二日で目視で手術すると、諸検査込で65000バーツ約23万円でした(待ち時間なし。美人看護婦サービス付き)

カオヤイ国立公園やっと封鎖解除

7月1日からカオヤイ国立公園がようやく解除された。

長らく人間が入らない期間が続いたので、さぞかし野生動物は過ごしやすかっただろう。

僕は昨日の手術で股が痛く、仕事は出来ないので、気分転換にカオヤイ国立公園を登ってみた。

ビジターセンターからも、数百メートル先のホエザルの鳴き声が聴こえた。

標高1240メートルの空軍施設付近で、ホエザル数頭を見ることができた。ホエザルは、カオコーに行った時にカヤックの上から崖上の木に居たのを見たことがあったが、カオヤイでは初めての経験。かなり広い範囲では吠えていた。今まで何度も国立公園を登ったが、これ程ホエザルの声が聴けたことはなかった。

残念ながら写真に納めることは出来なかった。

一番大きな声で吠えるのが大きな身体のボスかと思えば、そうじゃなくて、声が大きい程、身体も睾丸も小さいのだそうだ。

お股は痛いが、こういう森の中を歩くのは気持ちが良い。雨季の今は動物や昆虫が多い。

国立公園の上部はなだらかでゆっくり流れる川が多い。周辺部に行くと急斜面になり、滝になる。

上部の平原でシカを見つけた。シカは数種類いる。遠過ぎて小さく写せただけ。

突然の手術

僕はさっき、コラートのセントマリー病院に入院した。

あと、40分で手術。

想定外の急展開。

明日の朝、退院する予定。

香港は絶対に負けない

https://youtu.be/HxrJWE3uv-0

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる