酒三種

その①

マシュマロちゃんの実家から、モン族の自家製のトウモロコシ焼酎を頂いて来た。酒税を払ってないので違法である。多分、自分で飲むだけなら大丈夫。

トウモロコシを発酵させて出来た酒を蒸留したもので、良い香りがする。アルコール度数は多分50%以上。

モン族の人はこれをストレートで飲むが、泡盛どなん並にアルコールが高く、僕はとても飲めない。

水で5倍から10倍に割ってちょうど良い。

僕はこれを約2リットル貰って来た。

ほのかなエステル臭がして、酔心地の良い実に美味しい焼酎だ。

混ざり物が少なないので、二日酔いにならない。

その②

こちらは普通の三年物の紹興酒。

華僑が多いタイでは、中国の食材はかなり多くあるが、なぜだか紹興酒はあまり売ってない。家の近くの酒屋には絶対無い。(勿論、バンコクの酒屋や、大きなショッピングモールにはある)

タイ人で美味いと言う人を見たことがない。

けれども、紹興酒は僕の大好物一つ。紹興酒に中華鍋が懐かしい。この辺りじゃ中華料理屋がない。

やっと見つけて買ってきた。一瓶270バーツもした。

その③

上の写真の紹興酒の隣にあるタイの酒。サトゥー。

紛れもなくコメの酒だが、アルコール度数は6.5%しかなく甘い。

色も黄色っぽく、匂いも良くない。

低級なお酒だが、慣れれば飲める。一瓶30バーツと安いが、それ以上は払いたくない品質だ。

サトゥーにはいろんなブランドがあるが、僕はこれしか飲んだことがない。いろいろ飲めば、美味しいお酒も見つかるかも。誰か知っていたら教えて欲しい。

悲しいことに、この辺りじゃ適切な値段の美味しい日本酒が手に入らない。日本酒の日本からの輸入品は、日本の価格の三倍する。高くて普段は飲めない。

白菜の収穫

スコータイに行く数日前、マシュマロちゃんの兄から出来た白菜の収穫に手伝いに来てくれと頼まれたので、住込みワーカーを連れて行って来た。

白菜は、場所によって収穫出来る株が多い所と、生育が悪く半分も収穫出来ない所とあった。

生育が良い場所でも生育は不揃いで、3割くらいは収穫くぉ引き伸ばした。

白菜を切り取って余分な葉を取り除きビニール袋に入れる人と、ビニール袋に入れた白菜を運ぶ人と別れて作業。僕は、運ぶ人。

娘も野良仕事。未だ14歳。

白菜はこのサイズ。ビニール袋人袋の重さは、約10kg。10株以上入るので、一つの白菜の平均は1kg以下だ。日本のと比べると小さいが、タイではこれが普通である。

足場の悪い畑を40袋運んだら、もう心臓バクバクの汗だくになってしまった。ビニール袋が破れやすいので、白菜を抱くように運ばなければならず、かなり疲れた。

昼飯食って休んだら、僕はそのまま眠ってしまった。役に立たない老いぼれだ。でも、連れて行ったワーカーが良く働いてくれたので、兄の役には立っただろう。

 全部でピックアップトラック二台分、約100袋 X 10kgをコラートの市場に売りに行く。

その時の時価は、kg当たり12-15バーツだそうだ。40バーツ位あれば儲かるが、野菜の価格ばかりはコントロール不能。kg当たり15バーツだと、15000バーツと言うことになる。

週に何度か同量を収穫しても、10万バーツ程度か。

全部でどの位の収入になるのか見当も付かないが、当初の希望的観測よりも数分の一か十分の一位になってしまいそう。

怖くて聞けない。

お手伝いの謝礼に白菜10kg程貰って来た。

美味しい白菜漬が食いたいが、美味しいというのは僕だけだろうから止めた。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる