FC2ブログ

酒類販売解禁 酒屋萬屋大繁盛

今日からお酒類の販売が解禁された。

タイでは普通、お酒が販売出来る時間帯は朝11時から午後2時と夕方5時以降に限られるが、朝9時にカオヤイ農園近くのお酒が大量にある萬屋に行ったら、10台以上のピックアップトラックが既に停まっていた。

まだ店内に入ることは許されてないらしく、店の前に並んでお酒を注文していた。

僕は、農園で所用を済ませ、午前10時に再度その店に行ったが、まだピックアップだらけ。

客は恐らく別の萬屋か飲食店従業員で、買うビールやその他酒類の量が凄い。ビールケース換算で一人10ケースかそれ以上。多い場合は、ピックアップトラック荷台満載。支払い金額も数万バーツと凄い。

朝8時回転直後から売り出している様だったが、10時になっても行列は無くなってなかった。

20分待って、やっと僕の順番が来た。

僕はシンハービールの小缶一ケース買ったのみで、お店の人から、

「本当にそれだけで良いのか?」と聞かれてしまった。

自分で飲む分だけだから、そう大量に買い込む必要はない。次の第二波が来るまで、何時でも買えるだろう。

それにしても、他のお客さんは購入量が凄くて呆れた。よっぽど困っていたのだろう。

まだ、食堂やレストランでは飲ませられないはずだが。

家に帰って、午前中なのに早速2缶を喉に流し込んだ。生き返った。

アメリカじゃ、自宅からのオンラインビデオ勤務中に約50%の人がこっそりお酒を飲んでいるらしい。

勤務中でそれだから、仕事もなく家に居るだけの人にビールは必需品でしょう。

もっとも、タイの数百万人の失業者はほぼ全員、一月分の貯金の無いその日暮しなので、失業と同時にビール買うお金も無くっていた筈。

そういう人々は、政府から配られる援助金を受け取るまでお酒は飲めない。

Windyが便利

雨期になると、空の雨雲良く観察しないと急な雷雨に討たれる。野良仕事するなら、天気に詳しくないといけない。

特に雷雨は、範囲が狭いので天気予報でも当てるのが難しい。

そこで、自分の周りの風向きと、雲の様子と、雨の様子をリアルタイムで観られるツールが欲しいと思っていたが遂に見つけた。

Windyという。

こんなふうに風の吹き方が分かる。勿論、地域を選んで拡大も出来る。

次に雲の様子。

カオヤイ農園付近を拡大してみたら、大きな雲が。

下の三角矢印を押すと、ここ数時間の雷雲の動きが分かる。

黄色や赤の部分が雨が激しく降っている所。

積乱雲は動きが激しく、30分くらいで発生したり消滅したりしているのが分かる。

これさえあれば、ローカルな数時間単位の天気が分かるので、とても便利だ。

ダルゴナコーヒー超簡単

ダルゴナコーヒーというものが流行っていると読者が教えてくれた。

時代遅れジジイのハムケンはダルゴナコーヒーなんて見たことも聞いたこともないので、確かに新しいんだろう。

韓国で人気らしく、甘くてベビーカステラにも合うとのこと。

調べてみると、作り方は超簡単安上がり。

僕らのいちご園は、カオヤイもワンナムキアオも本格コーヒー類も売っていて、使う材料や器具が良いので、味はかなりいけてると自負している者として、

「流行っているならやってみたい」と考えるのは極自然でしょう。

材料はこれだけ。水、インスタントコーヒー、砂糖、牛乳。

先ず水2サジを長めのコップに入れ、電子レンジでお湯にする。

次にインスタントコーヒーの粉を2サジ入れて、よく撹拌して溶かす。

次に砂糖を2サジ入れて、また撹拌して溶かす。

つまり、水、砂糖、インスタントコーヒーは当量ずつで、これはネットのレシピと同じだが、先にコーヒーを良く溶かしてから砂糖を入れる点はハムケンが改良発明した。

次に電動ハンドミキサーで泡立てる訳だが、僕は持ってない。

しかし、僕らは高級電動ミルク泡立て器を持っている。

コーヒーのカプチーノを作るときに、ホットカプチーノならエスプレッソマシンの蒸気で泡立てるのだが、アイスカプチーノの場合は冷えた牛乳に直接電動ミルク泡立て器を突っ込んで回すと直ぐにキメ細かい泡が出来る。

安物もあるが、僕らの物は1000バーツ以上する高級品なのだ。

ハンドミキサーだと泡立てるのに5分近くかかるそうだが、これだと2分以下。ダルゴナコーヒーの為に産まれた製品みたい。

牛乳の上に出来た泡を乗せれば出来上がり。

しかし、これどうやって飲むんだ?

コーヒー部分は砂糖とコーヒーが濃すぎて、超甘苦い。

箸でグルグル回して混ぜても、なかなか混ざらない。

ミルク泡立て器で泡立てるよりもずっと長時間掻き回して、やっと混ざった。

インスタントコーヒーの量が多いので、これ一杯で普通のコーヒー3杯分のコーヒーを飲んだことになる。コーヒー好きの僕としては美味しく飲めたが、カフェインがきつ過ぎた。

実際お店でやるとすれば、泡立てる前のコーヒー砂糖液を多めに作って冷蔵しておけば、必要分だけ取って泡立てれば良いのですぐに出来る。

他のアイスコーヒー類と同じく、細かい氷入りのプラスチックカップに牛乳を7分目程入れて、その上に泡立てたコーヒー液を乗せれば良い。待たせることなくすぐ出来る上、ラオス産100%アラビカコーヒーを使った他のエスプレッソ系コーヒーより原価はかなり安くなる。

しかし、新しい流行品と言うことで、カプチーノと同じ値段で売れば儲かる(つもり)。

ただ、ストロー刺してどうやって飲むのだろう。混ぜずに、泡と牛乳部分を交互に少しずつ飲むのだろうか。

何れにしても、甘いコーヒーなので、タイ人には受けると思う。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
52位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
24位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる